ホーム | 日系社会ニュース | 将棋連盟=ブラジル代表にトレード5段=アマチュア世界大会へ出場

将棋連盟=ブラジル代表にトレード5段=アマチュア世界大会へ出場

ニッケイ新聞 2011年10月11日付け

 世界25カ国から選手が出場する『第5回アマチュア世界将棋大会』が10月27日から3日間パリで開催されるにあたり、ブラジル代表としてジェイムス・マン・デ・トレードさん(50)が選ばれた。
 現在5段だが、将棋を始めたのは07年。日系人の妻との間に生まれた息子のニコラスさん(13)がインターネットで将棋をやっていたことで興味を持った。翌年、同連盟に加入、異例の早さで段を上げた。
 というのもトレードさんはチェスのプロ選手。父親の影響で12歳から始め、1985年にサンパウロ州優勝、92年に全伯2位となった腕の持ち主。先日、サンパウロ市であったチェス世界大会にも出場した。
 「チェスは型が決まった技術のスポーツ。取った駒を使える将棋は創造のスポーツ」と話す。
 普及活動にも注力しており、ヴィラ・マリアーナ区にある3つの学校で子供達にチェス・将棋を教える。
 「とても勝ちが難しい大会。今まで参加した大会で一番の試合ができれば嬉しい」とやる気を見せるトレードさんに、ブラジル将棋連盟の川合昭会長は、「プロの試合勘を存分に発揮してほしい」とエールを送った。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙への寄付者芳名2020年9月26日 本紙への寄付者芳名  ブラジル相撲連盟の赤木政敏(あかぎまさとし)相談役、エンポリオ古賀(ニッケイ新聞代理店)、大矢進貞さん(ゆきさだ)、おもいで酒場パブラオケ、林ヨシノブ・パウロさん、平延渉さん(ひらのぶわたる)、匿名希望の篤志家の皆さまより寄付をいただき、ありがとうございました。 […]
  • 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代2020年9月22日 《記者コラム》パンデミックは好機?! 一気に進む世代交代  「戦後移民の時代」は訪れることなく、過ぎ去った。結果的に、それで良かったのかもしれない。アアダコウダ言わず、素直にそう考えた方が前向きか。30代、40代の若者らが中心になって実施され、実に手際よく広範な内容を含みつつ、コンパクトに凝縮された「文協統合フォーラム2020」( […]
  • ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん2020年9月15日 ■訃報■本紙営業・阿部ヤエコさん  本紙営業部に長年勤務した阿部ヤエコさんが12日午前、サンパウロ市南部にある自宅で亡くなった。十二指腸癌の持病があり、当初は胆石治療のために入院した。12日にいったん退院した後、背中の痛みを覚えるなど急変。強い吐き気をもよおして息が詰まり、午後7時半頃に亡くなった。享年 […]
  • 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)2020年9月4日 手塚治虫の絶筆『グリンゴ』=ブラジル日系社会が遺作に(上)  『火の鳥』『ブラック・ジャック』などの傑作を次々に発表し、存命中から“マンガの神様”と呼ばれていた天才漫画家・手塚治虫(1928―1989年)を知らない日本人は少ない。しかし、彼の未完の絶筆『グリンゴ』がブラジル日系社会をモデルにしていたことはあまり知られていない。 […]
  • 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信2020年8月25日 憩の園=二日間で3200食販売=食販売に予想外の大反響=感謝ライブで5時間半配信  「憩の園は、このコロナ災禍で多くの方に助けていただいた感謝の意味を込めて、このイベントを開催しましたが、まさかこんなに日本食が売れるとは思いませんでした。心の底から感謝しています」――日系高齢者福祉施設「憩の園」を運営する救済会の吉岡黎明会長は、そう深々と頭を下げて感 […]