ホーム | 連載 | 2011年 | 世界市民的な移民女性=平田美津子という生き方 | 世界市民的な移民女性=平田美津子という生き方=第5回=娘が学生運動で監獄に=州知事に直談判し亡命?

世界市民的な移民女性=平田美津子という生き方=第5回=娘が学生運動で監獄に=州知事に直談判し亡命?

ニッケイ新聞 2011年10月21日付け

 美津子は、「私は父の仕事の関係であちこち転勤ばかりして苦労したので、絶対に外交官とは結婚しないと決めていました。それなのに、政治家という最も家に寄り付かない人と結婚してしまった」と笑う。
 「毎日朝早くうちを出て、子供が寝てから帰宅でしょ。子供とは日曜日の午前中しか会えないのよ。この時間だけは、家族揃って教会に行き、パダリアによってパンを買ってきて一緒にお昼を食べるの。そして、午後はもう出かける」と当時をふり返る。
 子供は8人。「ずっとそんな生活でしたから、毎週生活費だけ置いていって、家のことや子供の教育は一手に私が引き受けました」。ただの〃良家のお嬢様〃ではない。稀に見るコスモポリタンな資質を持った母親だった。「生活は質素そのものでしたが、学費には投資しました。子供にはとにかく自分が好きなことをやらせました」という教育方針を貫いた。
 長女のエレナがUSP哲学科在学時、有名なイビウナ事件が起きた。1968年10月、学生運動の中心的組織・全国学生連盟(UNE)の非合法総会がイビウナのある農地で秘密裏に開催されることをDOPSが嗅ぎ付け、一斉検挙した。その一人にエレナがいた。「父が保守系政治家でしたから、それへの反発もあったかもしれません」とエレナさんは学生運動に身を投じた当時をふり返る。
 昔から平田進下議を良く知る一人で、出版記念会に出席していた山中イジドロさんは、「凄いエピソードがありますよ。娘を守ろうとする母親の気持ち、ここに極まれりという話ですよ」と次の話を語り始めた。
 当時、進の親友ソドレは軍事政権からサンパウロ州知事(1967—71)に任命されていた。ソドレは「二世の女学生で捕まったのは珍しく、しかも親友の娘だと知ったソドレは、エレナを釈放してやろうかと進に言ってきたんです」。ところが進は「お前はアミーゴだが、それとこれは別問題だ。娘は自分で責任を負うべきだ。出す必要ない」と断ったという。日系の真面目さが良く現れている。
 それを聞いて美津子は驚き、ソドレ知事に一人で直談判に行った。家事一辺倒で、当時まったくポ語は片言だった。たとえ娘が監獄を出ても、ブラジルに居たらいずれ捕まって4年半の刑務所暮らしだと言われた。それならフランスへ亡命・留学させようと思いつき、手立てを整えた。
 そう山中が語るのを、微笑みながら聞いていた美津子は、「コンゴーニャス空港から飛行機に乗ったら警察に捕まるという情報があった。だからこっそりと長距離バスでブエノス・アイレスまで行かせ、フランス大使館に駆け込んで亡命させた。そこからパリ行きの飛行機に乗るように手配した」と付け加えた。
 そしてソルボンヌ大学に留学し、そのまま大学教授になった。そこでの教え子が、今回の本を書いた優美だ。
 コロニアの言論は当然のことながら基本的に日本より、右寄りだ。父はコロニアを代表する立場から保守派政治家となり、娘はブラジルを想って左派に傾倒した。しかし、どちらも自分に誠実で一途だった。想う〃国〃は違っても性格という点では実に良く似ている。
 当時、日伯毎日新聞の中林俊彦社長や一百野勇吉編集長の子供も学生運動に関わり国外亡命した。臣道聯盟員の父を持つ保久原ジョルジも学生運動で逮捕された経験を経て伯字紙論説委員になった。日系産業組合専務の娘だった栢山良子など数え上げればきりがない。
 当地で地位を築いた親、保守的な親に反発するかのように、ブラジル社会の問題を一途に考えた日系学生が運動に身を投じた時代だった。(つづく、敬称略、深沢正雪記者)

写真=1970年代、左から下本八郎州議、平田連邦下議、美津子さん、アブレウ・ソドレサンパウロ州知事(下本八郎さん所蔵)


image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引2017年3月29日 ■ひとマチ点描■営業人生59年の生き字引  本紙最古の営業部員、金子ロベルト司さん(85、二世)が先々週をもって退社した。日伯毎日新聞で1970年から働き始め、ニッケイ新聞まで47年間というから、ほぼ半世紀だ。邦字紙界の生き字引が、営業人生に幕を引いた。  その前にはラジオ・サントアマーロで1958年10月3日か […]
  • 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ2016年6月23日 【2016年移民の日特集号】ごあいさつ 移民の日に思うことブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田 康夫 ブラジルの日本移民は今年108年、戦後の移住が再開されて63年になり、戦前、戦後を通じてブラジルに移住した日本人の数は25万人余、そして現在では190万人余といわれる日系人の中に占める日本人の数は3%を下回るとい […]
  • 終戦70年記念=『南米の戦野に孤立して』=表現の自由と戦中のトラウマ=第17回=対伯批判できない邦字紙2015年10月22日 終戦70年記念=『南米の戦野に孤立して』=表現の自由と戦中のトラウマ=第17回=対伯批判できない邦字紙  戦争中の経験は移民史上に残されず、心の奥底にうずき続けた。 サ紙創立に関わり、文協事務局長、県連会長も務め、コロニアの裏面をよく知っていた藤井卓治は「日本語新聞最大の欠陥は、ブラジルの政治批判が許されないことにある。三浦日伯は日本の出先官憲批判で、時報と対立となりブラジル政治 […]
  • 『闇の一日』の撮影の様子(IMJ提供)2015年5月30日 レジスタンス記念館で上映会=勝ち負け抗争描く『闇の一日』  勝ち負け抗争における脇山甚作事件実行者の一人、日高徳一さんの話を中心に当時の社会背景を描いたドキュメンタリー映画『闇の一日』(奥原マリオ純監督、2012年)の上映会が、サンパウロ市の州立レジスタンス記念館で6月6日午後2時から「土曜レジスタンス」の一環として行 […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]