ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2011年10月21日付け

 日伯領事当局間協議に関する会見で、「観光ビザ免除に関する話は出なかったのか?」との質問が記者から出た。沼田領事局長は、「まずは商用数次ビザの発給を実現して、それをステップにしたい」と返答していた。W杯や五輪開催を控えているブラジル、それまでに観光ビザ免除が実現すれば、間違いなく大きなプラスだろう。耳子の家族や友人も、ブラジルに行きたいものの「ビザがあるから面倒くさそう」とよく話している。もっと来やすい国になれば、と願うばかりだが、いつになることやら…。
     ◎
 締め切りに追われる人気漫画家の多忙ぶりは言わずと知られる。随行した漫画雑誌「モーニング」の都丸尚史副編集長は、「普段の海外取材は何とか1週間に抑えるところ、10日間も確保できたのはまさに奇跡」と話す。「弘兼先生は『経済の預言者』と呼ばれ、島耕作シリーズで描かれた内容が後で実現することも多く、自分もびっくりする」と言う。奇跡の10日間がどう描かれるか、乞うご期待。
     ◎
 聖南西文化体育連盟の山村敏明会長は9月23日、東日本大震災の義捐金1万6786・91レアルをブラジル日本文化福祉協会(木多喜八郎会長)の口座へ送金したことを報告した。送金は今回が2回目。震災直後に送った義捐金とあわせると約10万レに上る。「連盟の傘下26文協が独自に送金したものを合わせると20万レを超えるのでは」と山村会長。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 「胸に迫る思いだった」=ペレ、被災地訪問を振り返る=『ペレジーニョ』復活会見で2012年7月11日 「胸に迫る思いだった」=ペレ、被災地訪問を振り返る=『ペレジーニョ』復活会見で ニッケイ新聞 2012年7月11日付け  元サッカーブラジル代表のペレ氏をもとにしたキャラクターが主人公の漫画『ペレジーニョ』。1982年以来の復活を記念した記者会見が先月27日、サンパウロ市パカエンブー競技場にあるサッカー博物館(Museu […]
  • 安倍 晋三2015年1月9日 年頭のごあいさつ 「日系社会との関係強化を」=内閣総理大臣 安倍 晋三  ブラジルにお住まいの日系人・邦人の皆様、2015年の年頭に当たり、謹んで新年のお慶びを申し上げます。 昨年末に日本で行われた総選挙は、「アベノミクス」を前に進めるか、それとも止めてしまうのか、が大きく問わ […]
  • 沢山の来場者2014年7月8日 日本祭り=大盛況! 18万人来場=W杯の影響、ものともせず=文化体験スペースも人気  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)主催の『第17回日本祭り』がサンパウロ市イミグランテス会場で4~6日にあった。W杯と日程が重なったことで人出を危ぶむ声もあったが、前年同様、約18万人が来場した。特設舞台では太鼓やダンスなど約100演目が披露され、ミスニッケイ […]
  • 東西南北2014年4月5日 東西南北 ニッケイ新聞 2014年4月5日 3日朝、400年以上前にサンパウロ市の建設にも携わったことでも知られているアンシエッタ神父の列聖が行なわれた。同神父の聖人化はこれで決まり、24日にローマで行われるミサで、フランシスコ法王立会いのもと、正式な聖人化の儀式が行なわれる。これではブ […]