ホーム | 特集 | 【特集 JICA日系研修】研修制度の概要

【特集 JICA日系研修】研修制度の概要

ニッケイ新聞 2011年11月9日付け

 研修期間は、上半期が2012年4月〜同年9月(締め切り24日)、下半期が12年10月〜13年3月まで(締め切り12年5月25日)。短期コースは1〜3カ月、長期は4〜10カ月。
 分野は農業・畜産、服飾、企業経営、教育、医療、情報科学、栄養、建築、心理学、社会福祉など全78コースで、研修者の幅広いニーズに対応する。
 資格条件は、年齢が21〜50歳で心身共に健康であること、高卒以上、日本語での日常会話ができることなど。応募時に語学テストあり。コースによっては経験が求められる場合もある。英語での研修が可能な大学や、スペイン語での通訳付きのコースもある。

生活面のサポート

 航空費、生活費、医療費および研修にかかる費用(教材代など)は支給され、宿泊施設にはJICAの寮が提供される。
 訪日前後には生活に関するオリエンテーションや語学研修があり、買い物時の対応、交通機関の乗り方、銀行での講座の開設方法など、日本で生活する上で役に立つ情報が提供される。

image_print

こちらの記事もどうぞ