ホーム | 日系社会ニュース | 関空でコカイン13キロ=日系人女性、密輸で逮捕

関空でコカイン13キロ=日系人女性、密輸で逮捕

ニッケイ新聞 2011年11月10日付け

 【共同】大阪府警関西空港署は8日までに、パソコンの中にコカイン約13キロ(末端価格約7億8千万円)を入れ密輸したとして、麻薬取締法違反の疑いで、日系ブラジル人の女を逮捕した。大阪税関関西空港税関支署によると、関空のコカイン押収量では過去最高。
 逮捕されたのは、茨城県常総市鴻野山、パン工場勤務ペレイラ・ダ・シルヴァ・タナカ・カレン容疑者(25)。
 逮捕容疑はブラジルからドーハ経由のカタール航空機で10月15日に関空に入国した際、パソコンのハードディスクを収納するケースにコカインを隠し、密輸した疑い。重いのを不審に思った税関職員がエックス線検査で発見した。

image_print

こちらの記事もどうぞ