ホーム | 日系社会ニュース | 高拓生の歴史を後世に=『A SAGA dos KOUTAKU no AMAZONAS』

高拓生の歴史を後世に=『A SAGA dos KOUTAKU no AMAZONAS』

ニッケイ新聞 2011年11月18日付け

 「ブラジル社会に貢献した高拓生の歴史に生き続けてほしい」との願いを込め、高拓生80周年を記念してアマゾン高拓会(佐藤ヴァルジル会長)が『A SAGA dos KOUTAKU no AMAZONAS』(206頁)を発行した。
 佐藤会長(59、二世)は「雇用主を持たず、事業計画から実施まで全て自分たちの手で行った高拓生の歴史は、日本移民の歴史において特殊では」と語る。
 制作に取り掛かったのは10年前の会設立時。高拓生史の概要と、40家族の物語が盛り込まれた。希望者には無料(郵送料別)で書籍を提供するとしている。
 問合せは同会(Eメール=amazonkoutakukai@yahoo.com.br)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東日本大震災=菅総理から謝意が届く=「復興へ全力尽くす」2011年4月13日 東日本大震災=菅総理から謝意が届く=「復興へ全力尽くす」 ニッケイ新聞 2011年4月13日付け  菅直人内閣総理大臣が各国からの支援と激励に対し、感謝の意を伝えるため、今月11日に発表したプレス向けメッセージが在聖総領事館を通して本紙にも送られた。 […]
  • 「荒野の人」ポ語版=20日、史料館で出版会=聖市2007年12月18日 「荒野の人」ポ語版=20日、史料館で出版会=聖市 ニッケイ新聞 2007年12月18日付け  「移民の父・上塚周平伝『荒野の人』」(能美尾透著、ニッケイ新聞社刊)のポルトガル語版「O HOMEM DA MATA SELVAGEM-A SAGA DE SHUHEI […]
  • 上塚伝「荒野の人」ポ語版=15日、プロミッソンで出版会2007年12月14日 上塚伝「荒野の人」ポ語版=15日、プロミッソンで出版会 ニッケイ新聞 2007年12月14日付け  来年の日本移民百周年を記念して先月出版された「移民の父・上塚周平伝『荒野の人』」(能美尾透著、ニッケイ新聞社刊)のポルトガル語版「O HOMEM DA MATA SELVAGEM-A SAGA DE […]
  • 「武夫の生涯」=父親の人生を小説に=阪本さん10年かけて2008年10月25日 「武夫の生涯」=父親の人生を小説に=阪本さん10年かけて ニッケイ新聞 2008年10月25日付け  弁護士の阪本隆昭さん(71、二世)が、父親の阪本武夫さん(故人)を題材にした小説「武夫の生涯(A Saga de […]
  • 大耳小耳2011年12月13日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2011年12月13日付け […]