ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年12月21日付け

 ジェラウド・アウキミン聖州知事が19日、州議会が11月に承認したバイクの2人乗り禁止条例を不裁可とした。羽藤ジョージ氏が交通事故と2人乗りバイクによる犯罪を防ぐために提出した条例だが、州知事は、通勤や通学にバイクを使う低所得者の足を奪う事は出来ないとした上、防犯は軍警のパトロール強化によるべきだと発言。警官による汚職などの問題解決も忘れずに…。
     ◎
 聖州海岸部のサントスやサンヴィセンテ、プライア・グランデ、クバトンで20日未明、広域停電が起きた。停電したのは30分程度だったというが、影響は100万人に及んだ可能性がある。夏は観光客なども増える時期。高湿度の海岸部での停電が昼間起きたらと考えると背筋が寒いが、原因は外部での故障で自分達の責任ではないという電力会社CPFLピラチニンガの説明は、伯国企業得意の逃げ口上。
     ◎
 聖州の動物公園で20日朝、10匹のチンパンジーたちに餌と一緒にサンタクロースからのプレゼントが届いた。チンパンジーはプレゼントを見つけるとすぐに叫び声をあげ大はしゃぎだったという。同動物公園では2002年から、毎日同じ生活ペースを繰り返す動物たちの気分をまぎらすために行っている企画で大好評だという。やはり、単調な日々の後にプレゼントや余暇が来てくれしいのは動物も一緒。

image_print

こちらの記事もどうぞ