ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2011年4月15日付け

 12日夜起きた女子バレーの選手達を乗せたバス横転事故で入院中の米国人、スタシー・シコラさんの姉妹が、シコラさんに付き添うために来伯する事になった。頭を強打し、浮腫などもあるため集中治療室入院中のシコラさんは、世界選手権でベストレシーバーにも選ばれた選手だ。2010/11年の補強のため来伯していた同選手他、伯国代表メンバー2人もケガをしたFuturoは、中止された試合が来週早々行われるなら、少なくとも3人を欠く陣容で試合に臨む事になる。
     ◎
 サントスFCが14日にクラブ創立99年の記念日を迎えた—。ガンソの移籍騒ぎは当面収まったものの、リベルタドーレス杯での生き残りがかかる対セーロ・ポルテノン戦は、レッドカードを受けたネイマールやエラノら主力選手3人が欠場という厳しい状況下での創立記念日。さて、弊紙の読者がこの新聞を手にした時には、泣いているのか、笑っているのか。
     ◎
 聖市のアフロ・ブラジル博物館が、14日から5月29日までの期間中に、三つの展覧会を開催する。現在の黒人文化と芸術を味わってもらう事を願っての展覧会で、伯国、ポルトガル、アンゴラなどの画家が描いた作品200点が展示される〃エロス・ダ・ルゾフォニア〃に始まる。博物館はイビラプエラ公園内にあり、開館時間は10時〜17時半で入場無料。

image_print

こちらの記事もどうぞ