ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

10月18日(土)

 空軍本部は十六日、サンパウロ州グアルジャー郡にあるサントス空軍基地内敷地にサントス空港の建設を許可した。式典は二十二日、マリアーノ市長とヴィラリーニョ空軍中将出席のもとに行われる。市長は早速、環境局へ調査を依頼した。また建設下請け企業の入札準備に入った。グアルジャー市を観光都市にするのに、空港が必須条件だった。
     ◎
 サンパウロ市北部ピリトゥーバ区で十六日、四歳の男の子が深さ七メートルの穴に落下する事故があった。昼食時間に帰宅した父親(三六)は、息子がどこにもいないので心配して探し始めた。門を出た時、息子の悲鳴がかすかに聞こえ、自宅の前にある工事現場の穴に落ちたことが分かった。男の子は腕も動かせない状態で、父親が投げたロープをつかめなかった。救助隊が呼ばれ、二時間後に無事救出された。
     ◎
 リオ市南部の海岸近くに十六日午前、子供を連れたクジラが現れた。クジラは砂浜から四十メートルほど離れた場所を泳いでいたため、海浜客は大喜び。すぐ近くまでいって一緒に泳ぐサーファーもいた。主要道路からもクジラを見ることができ、車から降りて見物する運転者が続出。道路が渋滞するほどだった。
     ◎
 十六日付のフォーリャ紙に、プラナウト宮の式典会場で、ルーラ大統領が小学生時代の女性教師の肩を抱いている写真が掲載された。ルーラ少年が立派な大統領になったことを誇りに思ったのか、教師の表情は感動しているように見える。驚いたのは、その下の写真説明。教師の名前は「ジュスタ・タリッファ」さん。直訳では「公平な料金」という意味なのだが、本当にこれ名前なの?

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論2019年1月30日 《汚職ランキング》ブラジルの汚職の少なさは180カ国中105位=テメル前大統領は「事実と異なる」と反論  汚職撲滅に取り組む非政府組織、トランスペアレンシー・インターナショナル(国際透明性機構・本部ベルリン、略称TI)が2018年の腐敗認識指数(CPI)を発表。ブラジルは汚職の少なさ(社会の透明性)が35ポイントと評価され、ランキングが低下。調査180カ国中、105位だった。 […]
  • 東西南北2018年7月31日 東西南北  ブラジルでは現在、大統領選に向けた党大会の真っ最中だ。次の日曜の5日までが開催期間だが、ほとんどの大統領候補はいまだに副候補が決まっていないのが現状だ。大型連立に成功したジェラウド・アウキミン氏は、たくさんの支援政党の中から誰を選ぶのかが注目されるし、少数政党の人気候補ジャイ […]
  • 東西南北2018年7月28日 東西南北  服役中にもかかわらず、ルーラ元大統領を大統領選の候補にすることにこだわり続けている労働者党(PT)。現地紙によると、大統領選に際した同党の公約の中には「最高裁に制限を加える」というものがあるという。それによると、「最高裁判事は憲法を遵守し、かつ、国際感覚を持った人でなければな […]
  • 東西南北2018年7月18日 東西南北  テメル大統領と上下両院議長がいずれも職務で国外に出たため、カルメン・ルシア最高裁長官が17、18日に大統領代行を務める。同長官の大統領職代行は3度目だ。一部の国民は、カルメン氏が最高裁長官としての業務を遂行できない間の代行が予想されるトフォリ副長官が、逮捕中のルーラ元大統領を […]
  • 東西南北2018年5月9日 東西南北  8日午前に突如発表されたジョアキン・バルボーザ氏の大統領選出馬断念。テレビ司会者のルシアノ・フッキ氏が出馬断念後に、「政界浄化」の希望を込めてそれなりに高い支持率を得ていた同氏だったが、そこはやはり元々が政治家ではない人物。「きれいそうなイメージ」だけでは政治はできない、とい […]