ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年1月7日付け

 今の日本は大グルメが世に満ち溢れ世界の国々の美味があり、仏のレストランの味を格付けする企業までが進出し東京などの番付を発表するなど眞に賑々しい。勿論、ブラジルのシュラスコもあるし、パリやイタリアの料理店もある。そして冷え込みの厳しい睦月ともなれば、鮨やには惚れ惚れとする真紅の赤身や大トロが綺麗に並ぶ▼鮪が1番美味いのは雪が降り北風の冷たい冬であり、東北の仙台辺りでは「シビ」と呼び大変なご馳走だったし、若い者は赤身を土佐醤油に漬けたのを丼飯に乗せて二杯、三杯と胃の腑に流し込んだものだ。この鮪も江戸の握り鮨には、あまり評判がよくなく、ほとんど使われなかったそうだ。あの時代には冷凍技術もないし、新鮮な魚の入手も難しかったせいだろうが、それにしても、今のトロ嗜好はちょっと異常な気もする▼日本人の魚好きは昔からのことだし、鮪の消費量も世界一。これも1960年代に冷凍技術が急速に進み零下50〜60度にまで下げ鮪を急速に冷やすと鮮魚と変わらなくなったかであり、今、東京に入荷するのは地中海のスペインやイタリアに始りアメリカといろんな国から輸入されている。だが、やはりホンマグロの美味いのは青森県大間町のものであり、これは確か1本釣りである▼この大間町沖の鮪1本(269キロ)が、なんと5649万円と聞けば—もう驚くしかない。1キロ当たり21万円だから—とても丼飯ともいかぬ。東京・築地の初競りで落札したのは鮨やだけれども、それにしてもこの高値にポンと応ずる度胸が凄い。あーマグロ。幻のマグロである。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」2019年6月15日 NHK紅白歌手=三山ひろし「ぜひ見に来て」=記者会見、当日に特別演出も=北島三郎「植樹した木見てきて」  「“移民の父”水野龍が同じ土佐の出身だという事で、ブラジルにとても縁を感じています。ぜひ見に来てください」――13日に来伯したばかりのNHK紅白歌手、三山ひろし(38、高知県)がそう語ると、ブラジル人記者団は嬉しそうに笑顔をうかべた。日本移民111周年を記念して、明日 […]
  • ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選2016年10月14日 ニッケイ歌壇(523)=上妻博彦 選 サンパウロ      梅崎 嘉明 大鳥居くぐればピニアル植民地広き会館太鼓の響く 誘はれて出で来しピニアル別名は福井村とかデコポン産地 福井村と記せる法被で商える老若男女さながら日本 一つのみ食べても良しと許されてデコポン狩りに人はにぎわう […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献2016年8月26日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(11)=移民の子が国家的な貢献   岡本の快挙を祝って地元マリリアでは1952年9月28日に「河童祭り」と称する祝勝会が開かれ、牛3頭を焼いて1千人を招く盛大なシュラスコ会が開催された。それを報じたパウリスタ新聞52年10月2日付によれば、父専太郎が「泳ぎ始めはわしの観海流(日本古来の遠泳法の一つ)を仕込んだ […]
  • ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選2016年1月15日 ニッケイ俳壇(872)=星野瞳 選    アリアンサ         新津 稚鴎髭の美男長靴の美女シュラスコに 鳥雲に浮足立って出稼ぎに 混血の貰ひ子なつきクリスマス アマゾンの蘭元日の卓上に […]
  • オーリャ!2015年4月29日 オーリャ!  編集部でもツイッター(英語で「さえずり、つぶやき」を意味する)を始めた。140文字以内の短文を、インターネットを通して配信する交流サービスだ。難解な長文でなく、字数なりの〃小さな気付き〃のような内容が多い。 コラム子は日本在住時に、在日ブラジル人のシュラスコ会情報をそれで […]