ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年1月13日付け

 愛読者から「非常に参考になる欄」との声を聞く本紙「ニッケイ法律相談」の今週号で、「加害者は自分の身を守るためにウソをつくことが許されています。不利な証拠は隠しても罪にならないのです」との説明を読んで、目からウロコの心境だった。ウソをつくことは加害者の〃権利〃なのだ▼思い出されるのは、2000年前後に静岡県浜松市付近で連発した、殺人事件や交通事故を起こして帰伯逃亡したブラジル人の件だ。一人だけ事実関係を認めたが、残りの容疑者は全員容疑を否定した。あの時、犠牲者家族は「本当のことを言って」「自ら日本に戻って謝罪して欲しい」とことあるごとに訴え、日本のメディアもそのまま繰り返し、その報に接した日本人一般は「ブラジル人は容疑を認めない、ウソつき」という印象だけが広がった▼当地の事件を見ていても、容疑を認める犯人は実に少ない。「加害者にはウソをつく権利がある」としても、現行犯で逮捕されてすら容疑を否認する場合があるから驚く。因果関係としては、そのような法思想の前提には「性悪説」という精神文化があるのだろう。人間は生まれたときから性悪な存在であるとの思想だ。特にカトリックにはその雰囲気を感じる。日本人的には、それでいいのかと根本的な疑問も感じるが、それが文化であれば善し悪しの問題ではない▼日本の日本人には性悪説という文化自体がよく認識されていないので、なぜ「ウソをつくのか」まで踏み込んだ理解に行き着かないことが多い。「話せば分かる」という〃美しい世界〃が日本のドラマには溢れているが、現実の西洋文明では通用しない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選2016年7月13日 ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選 アルトパラナ  白髭ちよ 楽しみが又一つ消えて行く吾が人生の日暮時かな 歌友も師も無き吾の歌の道日日の歩みを短歌に託し テレビにて見とれる日本の桜花恋いつつ逝きし父母に見せたき ひと度も訪日かなわず逝きし父在らばNHK視せましものを いかばかり恋しかりしやふるさとを偲 […]
  • 14歳少年がいとこ殺害=首を絞めてナイフで刺す2014年4月25日 14歳少年がいとこ殺害=首を絞めてナイフで刺す ニッケイ新聞 2014年4月25日  リオデジャネイロ市北部マレー地区のファヴェーラ(スラム街)で、14歳の少年が4歳のいとこを殺害した上で洗濯機の中に隠すという事件が起きた。  事件が起きたのは17日午後。兄弟に家を追い出された14歳の少年がおばのヴァネッサ・リーマ・ドス・サ […]
  • 「JK元大統領は事故死」=国の真相究明委が断定=サンパウロ市委員会とは結論異に2014年4月24日 「JK元大統領は事故死」=国の真相究明委が断定=サンパウロ市委員会とは結論異に ニッケイ新聞 2014年4月24日  国の真相究明委員会は22日、1976年8月にリオ州の街道で交通事故死したとされるジュセリーノ・クビチェック元大統領の死は、不慮の事故によるものだったと断定した。サンパウロ市の真相究明委員会が昨年12月に出した「政治的陰謀による暗殺」という結 […]
  • バイア州の軍警がスト=軍出動も商店強奪が多発2014年4月18日 バイア州の軍警がスト=軍出動も商店強奪が多発 ニッケイ新聞 2014年4月18日  バイア州軍警が15日にスト入りし、軍も出動したが、商店やスーパーなどの強奪などが連続的に起きていると16、17日付伯字紙や各紙サイトが報じた。裁判所は16日にすぐに勤務に戻るよう命じたが、同日夜の総会で継続が決まった。 州政府の要請を受け、 […]
  • 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(135)2014年4月11日 連載小説=日本の水が飲みたい=広橋勝造=(135) ニッケイ新聞 2014年4月11日  十三時きっかりに西領事と遠藤副領事が『天すし』ののれんをくぐった。 「いらっしゃーい」この店の寿司マンでオーナーのオヤジが景気よく迎えた。 先に来ていたジョージが二人の雰囲気から領事と察知してテーブルから立ち上がり、自然に西領事を見分け握手 […]