ホーム | 日系社会ニュース | 全伯幼少年剣道大会=若き剣士140人が熱戦

全伯幼少年剣道大会=若き剣士140人が熱戦

ニッケイ新聞 2012年2月11日付け

 全伯剣道連盟(蛯原忠会長)主催の『第30回全伯少年剣道大会』が4、5の両日、SBカンポ市立体育館で開催され、遠くはブラジリアやロンドリーナから、18チーム140人の剣士が集い、気合いのこもる試合が繰り広げられた。
 蛯原会長の挨拶に続き、木刀による日本剣道型の実演が行われた。幼々年(8〜10歳)、幼年(11〜13歳)、少年(14〜16歳)で男女に分かれて個人戦・団体戦が行われた。
 会場準備は同大会を後援した同市議会の南洋行議長が協力、7月6日に開催される『第30回全伯有段者剣道大会』も同じ会場となることが決まった。試合成績は次の通り。
 【幼々年】▼男子1位=染谷シュン、2位=染谷ケイ3位=有賀ツヨシ、井藤ダイキ▼女子1位=高橋オト、2位=早川ナオミ、3位=村松カオリ、ナタリヤ・カネコ、【幼年】▼男子1位=柳田タダシ、2位=清田ペドロ、3位=斉藤ルイス、シスピン・ルカス▼女子1位=藤倉ミワ、2位=山本ミホ、3位=平川ユミ、ショ・ナオミ、【少年】▼男子1位=林リュイチ、2位=津田ヒデミツ、3位=高山ゲンセイ、藤倉ケンゾ▼女子1位=上田ナオミ、2位=中尾アリネ、3位=千葉アナ、トロコ・ジエニフエル、【幼々年団体】1位=文協、2位=三重、3位=福博、スザノ、【幼年】1位=福博、2位=三重、3位=松風館、スザノ、【少年】1位=松風館、2位=三重、3位=福博、スザノ文協、【初心者の部】1位=安藤キヨコ、2位=サシヨ・アキラ、3位=蛯原ヒトシ、大野マルセロ。(敬称略)

image_print

こちらの記事もどうぞ