ホーム | 日系社会ニュース | JICA本邦研修継続が決定=5年の陳情活動が報われ=藤村官房長官が強く後押し

JICA本邦研修継続が決定=5年の陳情活動が報われ=藤村官房長官が強く後押し

ニッケイ新聞 2012年2月18日付け

 総務省が2007年12月、廃止を含め抜本的に検討するとしたJICAの『継承日本語教師研修』および『日本語学校生徒研修』の継続が決定した。ブラジル日本語センターが中心となって南米諸国を巻き込み実施してきた陳情運動や、日伯交流協会理事長を務めるなど日伯交流に熱意を傾ける藤村修官房長官の支援が実を結んだ形だ。谷広海理事長は「継続実現は藤村官房長官の強い支援があってこそ。これからも将来を見つめた努力を続けていきたい」と感激をあらわにした。

 同研修制度は1979年に開始、ブラジルを始め南米から約4百人の日本語教師を送り出してきた。
 ブラジルの日本語学習者数は約2万人強、約1千人の教師が指導にあたるが、教師の7割は一世で高齢を迎えており、通信講座や研修を通じた若年世代の育成が欠かせない時代となっている。
 生きた日本語を学べる同研修制度は教師養成の柱であり、存続の如何はブラジル日本語教育界の〃死活問題〃だった。
 「日本を知らずして、自信と誇りを持つ日本語教師にはなれない」—とブラジル日本語センターは、答申発表の1カ月後から署名運動を開始。
 07年に来伯したJICAの緒方貞子理事長に直訴、在聖日本国総領事館の協力も得、谷理事長は毎年訪日の度にJICAや外務省中南米部など関係機関を訪れ嘆願を続けた。藤村官房長官にはその都度経過報告を行なっていた。
 「昨年4月、民主党幹事長代理になった藤村さんが、移住政策課長、中南米課長、専門官やJICA菅家者らに日本語教育の大切さを説いてくれたようだ」(谷理事長)
 昨年10月、県連の園田昭憲会長が海外日系人大会のため訪日した際、藤村氏から「研修は続けることになった」との返答があったという。
 谷理事長は「藤村さんがいなければ、制度は廃止されていた」と語り、予算案通過のニュースを聞いた同センターの教師らは手を叩いて喜び合ったという。
 今月初旬、中南米の代表者ら15人が訪日し、今後の研修の大まかな枠組みについて議論が行なわれた結果、従来実施されてきた5コースのうち2コースを国際交流基金が、3コースをJICAが引き続き継続することに決まっている。
 今年度の上半期研修が留保されていたが、詳細が決まり次第年内には実施される見込みだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も2018年8月28日 『日本の年中行事』絶賛販売中=年中行事を網羅、丁寧な解説も  日本国の成り立ちから四季折々の年中行事にいたるまで、日本の文化や風習を纏めた一冊『日本の年中行事(Eventos anuais do […]
  • 楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会2018年4月17日 楽しい日本語学習を提案=ブラジルかわいい大使 松田明美さん講演会  「ブラジルかわいい大使」の松田明美さんが先月28、29日、ブラジリア大学と連邦直轄区言語センター(CIL)セイランジア校にて「カワイイ文化と日本語の醍醐味」と題した講演会を行った。日本大使館、国際交流基金主催。日本文化や日本語に興味を持つ非日系人が、両日併せて200人 […]
  • 日本語教育=カンピーナス 鈴木マリア恵美子2015年9月23日 日本語教育=カンピーナス 鈴木マリア恵美子  8月26日(水)付のニッケイ新聞「オーリャ!」を興味深く読ませていただきました。「ブラジル人の友人と日本語・葡語の交換授業…互いの母語を教えあう…」とありましたが、「母語は話せても教えられない」というのが、かなしい現実ではないのでしょうか。 日本人でありながら、ブラジル人であ […]
  • 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成2015年8月13日 日本語学習に強力な味方=OJAD、南米で初講習=文章から音声を自動生成  サンパウロ大学(USP)や関係学会により、10~13日まで開催されている日本語教育に関する国際シンポジウム『EJHIB2015』の事前行事として日本語教師向けワークショップが9日、ニッケイパレスホテルであった。早稲田大学中川千恵子、東京大学大学院峯松信明両教授が講演を行った。 […]
  • 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から2015年7月29日 国際語としての日本語学会=最大規模、USPで10日から  日本語に関するシンポとしては過去最大規模という『EJHIB2015(継承語、アイデンティティ、バイリンガルの日本語教育に関する国際シンポジウム)』が8月10~13日まで、サンパウロ大学(USP)で開催される。 USPや関係学会により実行委員会が組織され開催に至った。案内に […]