ホーム | 日系社会ニュース | ブラジル日系文学=新たな〃時代〃の訪れか=日、米国文芸誌と交流=非日系人の応募が急増

ブラジル日系文学=新たな〃時代〃の訪れか=日、米国文芸誌と交流=非日系人の応募が急増

ニッケイ新聞 2012年2月24日付け

 ブラジル日系文学が実施する「武本文学賞」への応募が、日語部門約80に対し、一昨年から非日系によるポ語部門が約300に上るなど急増している。中田みちよ編集長は「審査も難しい」と嬉しい悲鳴を上げ、会員の増加にも期待を寄せている。また昨年からは、日伯間で初の文芸交流となる「広島ペンクラブ」と相互での作品掲載を始め、今年3月からは米国の平成社との交流も決まった。一世の減少とともに衰退止む無し、と思われていた日系文芸界に新たな動きが生まれつつあるようだ。

 同会は1966年に鈴木悌一、武本由夫両氏により『コロニア文学』の名で創設された。現在は年1回武本文学賞を実施、年3回文芸誌『ブラジル日系文学』(4百部)を刊行している。
 貴重な新人発掘の場である武本文学賞。非日系人による応募数が伸びている現象に対し、中田編集長は「賞金も出るし、ブラジルの雑誌にはほとんどアマチュア用のコンクールがないからでは」と推測している。
 武本憲二会長も、「賞を貰うことは励みになる。入賞者にはブラジル社会でどんどん活躍してもらいたい」と現状を喜ぶ。
 会員250人のうち、一世がほとんど。16人が非日系、日系が35人で双方伸び悩んでいることから、入賞者には会への加入も勧めている。
 新たに始まる平成社との交流に関して、中田編集長は「アメリカ人と結婚した人が多いようで、私たちとは感覚が違う。きっと面白いはず」と盛り上がりを期待しつつ「日系社会のある国なら同人活動もあるのでは」と更なる交流の可能性も探っている。
    ◎
 同会は『定期総会』を16日午後1時半から同会会館(Rua Vergueiro, 819, sala 2, Liberdade)で、『第29回武本文学賞受賞式』を宮城県人会館(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で、3月25日午後2時から開催する。
 総会の議題は前年度会計・事業報告、今年度事業予定、随筆選集第5号刊行について。
 授賞式の受賞者は日語部門14人、ポ語部門8人。式典後はカクテルパーティーがある。
 問合せは同会(11・3203・2018)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]