ホーム | 日系社会ニュース | JBAC=査証申請センターを開所=9日から業務を開始

JBAC=査証申請センターを開所=9日から業務を開始

ニッケイ新聞 2012年4月6日付け

 在聖日本国サンパウロ総領事館の査証発給業務を代行するJBAC社が、『日本査証申請センター』(Centro de Visto Japones)で9日から業務を開始するにあたり、5日にイナウグラソンが開かれた。日系団体の代表者ら約20人、東京本社の波多野英夫代表取締役会長が出席した。
 同センターの代表取締役に就任する中司竜太さん(30、東京)は開設を喜び、従来の方法との主な変更点の説明を行なった。
 一つ目は、問い合わせや申請受付時間が大幅に拡大したこと。窓口申請受付時間および電話応対受付時間は、平日午前8時半〜午後5時半。窓口返却は土曜日の午前9時〜正午も対応する。
 二つ目は支払い方法の選択肢が増えたこと。現金での支払いに加え、デビット、クレジットカードでの支払いが可能。業者の場合は振り込みも受け付ける。サービス料金139・90レ(査証代別)。
 三つ目は交付日数の短縮。3営業日を基本とするが、午前中に申請した場合は翌日の午後に交付を受けることができ、最短1・5日となる。
 10人の従業員数のうち中司さんを含めた4人が日本語で対応する。
 波多野会長(43、福岡)は「民間ならではの日本的なおもてなしサービスを心がけ、両国の架け橋となれるよう努める」と意気込んだ。
 小林雅彦首席領事は「日本政府が掲げる〃新しい日本〃に生まれ変わるための政策の一つが観光による地域振興。センターの開設は我々にとっても大きな意味がある」と話した。
 同センターの住所=Av. Paulista, 2073, Horsa 1, Conjunto 519, Bela Vista(ビル1階のホルサ1で受付、身分証チェックあり)
 詳細はサイト(jbac-world.com/jpn)、問い合わせは(電話=11・3171・3104、Eメール=info@jbac-world.com)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ