ホーム | 日系社会ニュース | 力行会ワークショップ=エコ包装・風呂敷の魅力=22日

力行会ワークショップ=エコ包装・風呂敷の魅力=22日

ニッケイ新聞 2012年4月14日付け

 ブラジル力行会(岡崎祐三会長)がワークショップ『第2回エコ包装 風呂敷の魅力』を、22日午前9時から同会館(R. Primeiro de Janeiro, 53, V. Mariana)で開催する。参加費一人20レアル、定員30人。
 スーパーでは買い物袋が有料になるなど、当地でもエコ志向が広まりつつある。そんな時に役に立つのが風呂敷。必要な時に広げるだけで、様々な機会で使える便利品だ。同会では「大人も子供も使い方を覚えましょう」と呼びかけている。自宅に風呂敷がない人は、当日購入できる(5レ〜)。
 申込みは清美さん(11・9217・0250)、敦子さん(同・9287・8222)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ