ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年5月5日付け

 3日にリオで開かれた社会経済開発銀行(BNDES)のセミナーに、ルーラ前大統領が杖をついて出席。演説中は、話す速度が遅く声のトーンも落ちているのを、「7カ月もしゃべってなかったからね」と言いつつ詫びたという。闘病で18キロ体重が落ちた事を知る人は「これでも相当回復したんだ」とも。癌の治療終了直後に聖市市長選候補のハダジ氏と演台に立ったが、のどの炎症で急遽病院にという場面があった事を思えば、20分話せた事も朗報か。
     ◎
 5〜25日はインフルエンザの予防接種へ—。豚インフルとも呼ばれるA型(H1N1)と、普通のA型(H3N2)、B型併用で、高齢者と6カ月以上〜2歳未満の子供、妊婦、先住民、医療関係者が対象。該当する人々は、保健所や病院、移動ポストなどへ。今回初めて接種を受ける子供は、30日後に再接種が必要なのでお忘れなく。
     ◎
 セルタネージョ界の大ベテラン、チノコが4日未明に肺水腫のため入院先の聖市の病院で死去した。91歳だった。1935年に初舞台を踏み、実兄と共にトニコ・エ・チノコ(トニコは1994年没)で活動していたこの道75年以上の大ベテランは死の直前まで現役で、亡くなった4日も聖州アパレシーダで公演予定が入っていた。聖市のヴィラーダ・クウトゥラルにも6日13時から出演の予定だった。

image_print

こちらの記事もどうぞ