ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 イスラエルを訪問中のボルソナロ大統領は、その日程のひとつとして、エルサレムに建てられているホロコースト記念館に立ち寄った。同記念館は、第二次世界大戦中にユダヤ人たちがナチス・ドイツに捕虜とされ、虐殺されたことについての記録や調査を行う団体でもあるが、同館は「ナチスは右翼が起源である」と定義している。この問題に関しては、エルネスト・アラウージョ外相が「ナチスは左翼発祥」を唱え、ナチスを生んだドイツの放送局にさえ否定されたのに、なおも持論を変えなかったことで話題を呼んだ。左翼の批判を行いたい場合は、もうそろそろ別の話題に切り替えた方が良いのでは?

     ◎

 フェルナンド・ハダジ元サンパウロ市市長のアナ・エステラ夫人が、来年のサンパウロ市市長選の労働者党(PT)候補のひとりにあがっているという。「まだ案に過ぎない」段階ではあるが、党内では、同夫人の知名度の高さと党のイメージを新鮮にする意味で良い名前だと考えられているようだ。来年の同市市長選には、ジャナイーナ・パスコアル州議やジョイセ・ハッセルマン下議などの名前もあがっているが、既に有名な彼女たちの出馬が実現すれば盛り上がりそう。

     ◎

 2013年にアトレチコ・ミネイロを南米一に導いたクッカ氏が、サンパウロFCの指揮をとり始めている。当初の予定では新監督就任は15日からだったが、懸案だった心臓疾患のリハビリがうまくいったこともあり、医師の許可を得て、2週間前倒しで指導を始めた。チームの調子は若手主体で上向き始めたばかり。サンパウロ州選手権での弾みにしたいところ。

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2020年3月26日 東西南北  ボルソナロ大統領が24日夜に行った政見放送は、政界や国民のみならず、保健・医療、科学などの分野の専門家からも反感を買い、25日には諸団体が一斉に抗議声明を出した。代表例を挙げると、国家保健審議会、ブラジル感染症学会、ブラジル公衆衛生協会、サンパウロ州医師協会、ブラジル腫瘍外科 […]
  • 東西南北2020年3月11日 東西南北  米国滞在中のボルソナロ大統領は9日、マイアミでのイベントで、「2018年の大統領選は本当なら一次投票で当選していた」と語った。ここでは、予算案をめぐっての連邦議会に対する不満も語られたが、15日の反議会、最高裁デモをよほど煽りたいのか、「18年の選挙では不正があった。証拠なら […]
  • 東西南北2019年12月19日 東西南北  ボルソナロ大統領長男フラヴィオ氏の元職員で疑惑の主のファブリシオ・ケイロス氏への捜査が再開された。その一方で、最高裁は、連邦検察庁から要請が出ていた、昨年3月のマリエレ・フランコ元リオ市議殺人事件に関する証拠隠滅容疑でのボルソナロ大統領と次男カルロス氏への捜査をお蔵入りさせた […]
  • 東西南北2019年9月28日 東西南北  26日の最高裁審理で「ラヴァ・ジャット作戦(LJ)の判決は変わりうる」ことを示唆する意見が優勢となり、2014年の同作戦開始後に「政界腐敗追及」を訴えていた人たちに大きなショックを与えている。それは即座に遺憾の意を示した下院のLJ支持勢力の中心が、社会自由党(PSL)やノーヴ […]
  • 東西南北2018年11月13日 東西南北  11日、SBT局が毎年主催する恒例のチャリティ番組「テレトン」の中で、ブラジルを代表する名司会者で同局社主でもあるシルヴィオ・サントスが、ジャイール・ボルソナロ次期大統領に電話をかけ、「これからの8年はあなたに、その次の8年を(次期法相の)セルジオ・モロ氏に大統領をつとめても […]