ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年5月10日付け

 米国のソーシャルベイカーズが、伯国のフェイスブック利用者は4634万人で、米国の1億5723万人に次ぐ世界2位と発表。利用者は直近1カ月で215万人増えており、インドネシアの4225万人やインドの4577万人も追い抜いた。コンピューターの保有率も向上中で、南東伯では2人に1人が所有。雇用安定と所得向上でインターネットも使える携帯電話を持つ人が増えたの事も一因だろうが、時間の使い方は知ってる?
     ◎
 4月28日にゴイアス州で起きた農場での7人惨殺事件で8日、実行犯と見られる容疑者や警部ら計8人乗りのヘリが墜落して全員死亡—。自分が殺したと自供した容疑者を連れ、2度目の現場検分を終えてゴイアニアに戻る途中の事故で、9日に原因調査の一行が現地に到着し、遺体を回収した。他の容疑者がいるため捜査は続くが、呪われた事件の印象が…。
     ◎
 聖市の芸術市(フェイラ)「SP—Arte」が、今年も13日まで開催中。05年のフェイラは41作品の出展ではじまったが、8回目の今年は、国外からの27作品を含む110作品に増えた。国外作品の中では日本の村上隆の作品も注目されている。会場はイビラプエラ公園のパヴィリョン・シクシロ・マタラゾで、入場料は30レアル。開館時間は木、金曜が14〜20時、土、日曜は12〜20時。

image_print

こちらの記事もどうぞ