ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 ダッタフォーリャが23日に発表した最新の世論調査によると、テメル政権を良い/最良と評価した人は前回調査をさらに下回る7%だった。この数字はジウマ前政権が16年4月に記録した最低評価の13%を大きく下回り、ハイパー・インフレだった1989年にサルネイ政権が記録した5%以来の、28年ぶりの低評価となった。現政権ではGDPが2年ぶりにプラスに転じるなどの好材料もあったのに、5月17日のJBSショックで生じた疑惑の悪印象の影響が強く出ている。一方、大統領を追い詰めているジョエズレイ・バチスタ氏に関しても世間の目は冷たく、81%が「刑務所に入るべき」と回答。検察からの恩赦に疑問をつのらせている。
     ◎
 一方、少し前まではテメル大統領を支持していた、民主社会党(PSDB)の大御所、カルドーゾ元大統領も、最近は大統領辞任を求め、直接選挙を前倒しして行えとの声に賛同し始めている。18年選挙を見越してテメル氏支持に回っているとされるサンパウロ州のアウキミン知事やサンパウロ市のドリア市長への牽制も始まり、「ドリア氏でサンパウロ市は変わっていない」との発言を行うまでに発展している。党内内紛の様相も見せているが、こちらにも注目だ。
     ◎
 25日に行われたサッカーの全国選手権。今年最初の山場となった首位攻防戦、グレミオ対コリンチャンスは、コリンチャンスが虎の子の1点を守りきり、敵地での試合をものにした。相手エース、ルアンのPKを守護神カシオが好セーブしたのが光った。これで、コリンチャンスは2位に勝ち点差4点で、独走状態となっている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 東西南北2018年7月21日 東西南北  今年の秋の異常乾燥で、カンタレイラ水系の水位の危機が再び叫ばれるようになってきた。20日午前9時現在の水位は41・2%まで下がっている。乾季はまだ続くので、30%台に落ちるのはほぼ間違いない。また、水位もさることながら、気になるのはここのところの雨量だ。同水系への降水は4月に […]
  • 東西南北2018年4月12日 東西南北  ルーラ元大統領の逮捕と受刑開始は、しばらく尾を引きそうだが、「明日はわが身」と戦々恐々の日々を送っているのが、労働者党(PT)の政敵の民主社会党(PSDB)の政治家だ。14年の大統領候補だったアエシオ・ネーヴェス上議は来週17日に被告になるか、ならないかの最高裁審理が控えてい […]
  • ドリア、アウキミンの腹のうちを推測すると2018年4月3日 ドリア、アウキミンの腹のうちを推測すると  ドリアという男は野心家だとつくづく感じる。現サンパウロ市長のジョアン・ドリア氏(PSDB)のことだ。昨年末から日系社会代表と110周年事業に関する会議を行い、「市長と4回も会議をやって何の具体的な事業の提案もしてこないのか」と嘆き、「貴方たちはジャポネースじゃないみた […]
  • ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?2017年12月29日 ブラジル社会面座談会=ざっくばらんに行こう!=大統領選挙の勝敗を占う=独断と偏見でズバリ!勝者はだれか=サッカーW杯との深い関係?  2018年は大統領選挙の年――。独断と偏見による激論で、ブラジル社会翻訳面記者と編集長が紙上座談会でズバリ勝敗を占った。ラヴァ・ジャット作戦が進展する中で、2015年末にはジウマ大統領の罷免審議がエドゥアルド・クーニャ下院議長(当時)によって始められ、2016年8月には罷免が […]
  • 東西南北2017年4月4日 東西南北  ラヴァ・ジャット作戦で疑惑の政治家として名前をあげられて以来、14年大統領選時の勢いを落としている観が否めないアエシオ・ネーヴェス氏だが、それは世論調査にも現れている。先日も少し触れたパラナー・ペスキーザという調査団体が行った18年大統領選のアンケートでは、PSDB候補がアエ […]