ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

 年明けからの1週間、議会が休みのせいもあって、政界関連では大きなニュースはほとんど届いて来ないが、現在のブラジルはもっぱら、北部を中心とした刑務所での虐殺騒ぎで揺れている。本来、国民がもっとも静かに心安らぐべきレヴェイロン(大晦日)が明けた途端にレベリオン(大暴動)と、言葉の響きこそ似ているものの、中身は悪い方に大違いの様相を呈したのはなんとも残念だ。今起きている暴動が、他の地域に伝播して全国的な動きにならないことを願うばかりだ。それにしても、ラヴァ・ジャットや経済復興に加え、こうした騒動まで起きるとは、テメル政権に課せられる課題は尽きない。
     ◎
 サンパウロ市名物の斜張橋、マルジナル・ピニェイロスにかかるオクタヴィオ・フリアス・デ・オリヴェイラ橋に5日から再び照明がつきはじめた。同橋の照明は聖市の名物夜景のひとつに数えられていたが、グラフィッチ(スプレー缶による落書)が目立つようになっていたため、照明を中止していた。これに合わせてドリア市長は、グラフィッチのアーティストたちのために、東部モオッカにグラフィッチ専門「グラフィトドローモ」を作ることも宣言した。
     ◎
 サンパウロ州ペルイーベで4日、48歳の男性が人気スーパーヒーロー映画「Xメン」の登場人物ウルヴェリンを真似て、25センチの長い爪3本を指に挟み、共同経営者と軍警を襲って捕まった。3本の爪は、シュラスコ用の串とメリケンサックと呼ばれる武具で作ったものだ。報道では、爪だけでなく全体の雰囲気を真似た写真も。いい年をした大人が恥ずかしい。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》テメル大統領がクーニャ被告に口止め料?=バチスタ供述で政財界は大混乱に=即刻退陣要求デモも発生=ファキン判事がテメル捜査要請を承認2017年5月19日 《ブラジル》テメル大統領がクーニャ被告に口止め料?=バチスタ供述で政財界は大混乱に=即刻退陣要求デモも発生=ファキン判事がテメル捜査要請を承認  食肉大手企業JBS社主であるバチスタ兄弟の報奨付供述(司法取引)の中に、ミシェル・テメル大統領(民主社会党・PSDB)が、ラヴァ・ジャット(LJ)作戦で逮捕中のエドゥアルド・クーニャ被告に口止め料を払うことを容認していた内容が含まれていることが明らかになり、エジソン・ […]
  • ブラジル最高裁=アエシオ上議の職責停止命ず=姉やいとこには逮捕令状=JBSの供述の余波直ちに2017年5月19日 ブラジル最高裁=アエシオ上議の職責停止命ず=姉やいとこには逮捕令状=JBSの供述の余波直ちに  【既報関連】連警と連邦検察庁が18日朝、ラヴァ・ジャット作戦(LJ)の一環としての「パトモス作戦」を実行し、ブラジリアの連邦議会やリオ州、ミナス州など、民主社会党(PSDB)党首のアエシオ・ネーヴェス上議らに関連する場所の家宅捜索を行うと共に、同上議の姉のアンドレア・ […]
  • 東西南北2017年11月14日 東西南北  黒人や同性愛者に対する差別のニュースを耳にするのはブラジルでは日常茶飯事。12日付アゴラ紙によ ると、サンパウロ市では2016年1月~今年8月に、黒人や同性愛者、移民であることや宗教を理由に何 らかの攻撃を受けたという例が、12時間に1件のペースで起きていた。加害者の61 […]
  • 東西南北2018年10月19日 東西南北  7日に当選者が決まったばかりの下院で、早くも新下議による挑発がはじまっている。ジャイール・ボウソナロ氏の社会民主党(PSL)の新下議のグループが、ボウソナロ氏の三男のエドゥアルド氏を「最多得票を獲得した」ことを理由に次期下院議長になるべきだと、強く主張しているのだ。しかもその […]
  • 東西南北2018年10月6日 東西南北  大統領選の投票もいよいよ明日に迫った。今回の大統領選は、問題発言の多さで有名な極右のボウソナロ氏と、ラヴァ・ジャット作戦の影響もあり、政権を追われていたはずの労働者党(PT)のハダジ氏という、両極の対決ということになり、これまで以上に行方の気になる戦いとなっている。ここのとこ […]