ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年5月25日付け

 聖市の移民史料館で開催中の色紙短冊展の会場で藤田朝日子さん(88、愛媛)から興味深い話を聞いた。戦前、朝日新聞リオ特派員だった荒垣秀雄と、本紙の連載小説『民族の苦悩』の著者・酒井繁一(1901—84年、宮崎県)は学友なのだという。調べると二人とも早大卒で年齢も二つ違い。荒垣は戦後17年間も天声人語を担当した有名記者だ▼酒井は、在学時代に窪田空穂に師事して、最初の歌集『明日への寂光』(白泉社、東京)を30年に華々しく出したにも関わらず、家族と共に32年に移住した▼当時、左翼思想の持ち主として特高に目をつけられ、投獄された経験を持つ。短冊展会場には「どの雲も 古里の上にとどかぬ 古里は遠い 見放くれば 異端者の文字が 吾を見据える」との色紙が展示されている。愛する祖国から異端者(左翼)と見られた辛さが滲んだ詩だ▼酒井は55〜61年の間に6冊(3冊は歌集)も東京で出版した。コロニアでよりも、日本の方で有名だった異色の歌人だった。コロニアでは岩波菊治らアララギ派が全盛であり、それ以外は不遇をかこった▼なぜ戦後の日本でそんなに出版できたのかとずっと謎だったが、藤田さんがあっさり解いてくれた。「酒井先生が初帰国した57年、昔の学友から『君が日本に帰ってくれれば、今なら自分達が助けられる』と申し出たが、先生は『妻子がブラジルにいるから』と断った。でも出版は手伝ってくれたと」。なるほど荒垣らが手伝えば可能だっただろうと納得した。移民の秘話の一つだ。短冊展は日曜(午後1時〜5時半)まで開催中。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]