ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年5月26日付け

 聖市では、本26日から〃パライゾポリスからパカエンブまで〃と呼ばれる新しいタイプの市内観光ツアーが始まる。新しい聖市の顔発見のための専門ガイド付ツアーは毎月場所を変え、5月は交通費と朝のカフェ込み30レアルで市南端のグラジャウーを訪問。6月以降は市内の墓地見学、ナチスの迫害を逃れて来伯した設計家達の建造物巡り、サッカーの歴史探索、パライゾポリスのファヴェーラ、パカエンブ、エスプレッソ・チラデンテスの沿線、クリスマスの飾り付けをした場所巡りへと続く。13年1月はビリングス湖でボートに乗り、2月はセントロの地下ギャラリー巡り。詳細は電話11・3256・7909へ。
     ◎
 国際骨粗しょう症財団が24日に発表したところ、伯国内での骨粗しょう症患者は2050年までに32%上昇するとの予測を立てている。現在伯国では12万1千人が同病を患っている。
    ◎
 地理統計院の発表によると、伯国での居住形態で1人暮らしの割合は2010年の時点で12・2%で、中国の7%やインドの3%などを大きく上回り、新興国の中では最も高い数値だという。また、伯国での時代における推移で見ても、2000年から71%、1991年から185%の伸びだという。この原因として、伯国の平均寿命が延びたことと女性の社会進出があげられている。

image_print

こちらの記事もどうぞ