ホーム | 日系社会ニュース | 交流基金=『狂言劇場』、11、15日=日本祭ステージでも上演

交流基金=『狂言劇場』、11、15日=日本祭ステージでも上演

ニッケイ新聞 2012年7月3日付け

 国際交流基金が主催する『狂言劇場』が、11日午後8時からテアトロ・ガゼッタ(Av. Paulista, 900, terreo)で、15日正午から県連日本祭りメインステージ(Centro de Exposicoes Imigrantes, Rod. dos Imigrantes, km 1,5)でそれぞれ開かれる。
 演者の田賀屋夙生、島田洋海両氏はヨーロッパなどでも公演経験のある実力派。田賀屋氏は初めての来伯となる。
 11日に『雷』、『寝音曲』の2作品、15日には『雷』のみが披露される。上演前には、ポ語でのあらすじの解説と上演者の紹介が付く。
 両日とも観覧無料だが、11日分はチケットの予約が必要。受付は6日開始で、テアトロ・ガゼッタ窓口での直接予約。1人2枚までとなる。15日は予約不要だが、別途日本祭り会場への入場に10レアルがかかる。
 問い合わせは国際交流基金(11・3141・0110)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 歌手 堀内孝雄さんが来伯=聖、パラナ州3市で公演2012年7月20日 歌手 堀内孝雄さんが来伯=聖、パラナ州3市で公演 ニッケイ新聞 2012年7月20日付け  ヤマト・ミュージック(近沢隆代表)が歌手・堀内孝雄さんを招聘し、8月にパラナおよび聖州3市で公演を行う。各市の公演予定は次の通り。 […]
  • ■今週末の催し2010年6月17日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2010年6月17日付け  土曜日 19日  エンブー第2回日本祭り、午前10時、Parque do Lago Francisco Rizzo(R. Alberto Giosa, 320)ほか。20日まで。      □ […]
  • が~まるちょばが来伯公演=連邦区と聖市で2017年12月2日 が~まるちょばが来伯公演=連邦区と聖市で  国際交流基金サンパウロ日本文化センター(洲崎順所長)は、日本のパントマイムアーティスト「が~まるちょば」を招聘し、8、9、10の3日間、ブラジリアと聖市で公演を行う。  「が~まるちょば」は1999年に結成され、これまでに30カ国以上で公演を実施。臨場感に満ちた物語 […]
  • ■今週末の催し2016年11月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  ふるさと祭り、午前10時、モジ市コクエラ日本人会(Rod. Prof. Alfredo Rolim de Moura, SP-088 s/ n, km 61,4)、日曜日も      ◎  名画友の会、昼12時半、熟連(Rua Dr. […]
  • ■今週末の催し2015年11月5日 ■今週末の催し  7日(土曜日) ふるさと祭り、午前10時、コクエラ日本人会(Rod. Prof. Alfredo Rolim de Moura, SP-088 s/ n, km 61,4, antiga estrada Mogi-Salesopolis, km […]