ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年7月6日付け

 知られた話かもしれないが、援協社会活動部「奄美事業所」が活動するビラ・カロンの会館はもともと、鹿児島県奄美大島の出身者が親睦の場として1977年に設立したもの。かつて200人以上が利用したが、島出身の一世が高齢化し、会員が減って運営が困難になった。2002年に解散したが、会館は売却せず、有効利用できる日系団体にと援協に無償譲渡された。活動が高い評価を受け、入所希望の子供達がたくさんいるという同事業所。会の人々が願ったとおり、ブラジル社会に役立つ施設として生まれ変わっている。
     ◎
 来週末に開かれる県連日本祭り。三重県人会のブースでは、鈴鹿市の清水醸造、津市の寒紅梅酒造の日本企業2社から日本酒が出展される。前田ネルソン会長が三重県のNPO団体関係者に働きかけたことにより実現したという。特に清水醸造の清酒「作」は、2010年W杯の公式商品になったというお墨付き。なかなか当地ではお目にかかれない三重の地酒、試してみては?
     ◎
 沖縄県・金武町の町人移住100周年が8日午後3時から、沖縄県人会で行われる。ハワイでは村人会、町人会が多くあるが、ブラジルでは沖縄くらいでは。慶祝団約60人が来伯し、6日には前夜祭、7日にはジアデーマの沖縄文化センターで町人の活動などを視察するという。同町のサイトを見ると、「海外雄飛の里」と大きく打ち出しており、移民を町の誇りにしているようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 沢山の来場者2014年7月8日 日本祭り=大盛況! 18万人来場=W杯の影響、ものともせず=文化体験スペースも人気  ブラジル日本都道府県人会連合会(本橋幹久会長)主催の『第17回日本祭り』がサンパウロ市イミグランテス会場で4~6日にあった。W杯と日程が重なったことで人出を危ぶむ声もあったが、前年同様、約18万人が来場した。特設舞台では太鼓やダンスなど約100演目が披露され、ミスニッケイ […]
  • W杯日本代表に日系社会から応援を2014年4月2日 W杯日本代表に日系社会から応援を ニッケイ新聞 2014年4月2日  W杯で日本戦があるたびに当地TV局から「日系人が集まって応援する場所はないか」との問い合わせがあり、「ないね」と答えるとガッカリする。ところが最近、韓国コロニアなどは若い人が民族服まで来て熱心に応援する光景が放送される▼今回は地元開催だけに、 […]
  • 大耳小耳2014年3月28日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月28日  川目武彦弁護士によれば「日本の弁護士は今ひっ迫している」。というのも、産業界の要請で法科大学を増やした所、弁護士の数が増えすぎたせいとか。そうでなくても外国人支援に踏みこむ人は少ないのだから、司法サービスから疎外されがちな在日ブラジル人を […]
  • 新会長へ就任濃厚となった本橋氏2014年3月26日 県連会長選=鳥取 本橋氏が次期会長か=単一シャッパ、総会で承認へ=園田氏に続き、一世続投 ニッケイ新聞 2014年3月26日 鳥取の本橋幹久氏が県連会長に――。ブラジル日本都道府県人会連合会(園田昭憲会長)の選挙シャッパ提出が14日午後5時に締め切られた。本橋現副会長を会長候補とする単一シャッパで、副会長、会計、書記ふくめ12人が明記されている。27日の総会で承 […]
  • コラム オーリャ!2014年2月21日 コラム オーリャ! ニッケイ新聞 2014年2月21日  W杯で日本から来る来伯者にとって、日系社会と言えば、「サンパウロの宿泊地に県人会があるらしい」程度だ。  せっかく山ほどの日本人応援団が来るのだから、7月の日本祭りなど日系イベントの参加も積極的に呼びかけてみてほしい。参加はできなくとも、 […]