ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

 日本の文部科学省が国費外国人留学制度の応募を受け付けている。同制度では往復の航空券のほか、3千~5千レアルの奨学金が給付される。希望者はブラジル国内各地の日本国総領事館、もしくは大使館に連絡すること。日本の国籍も持っている人は対象外となる。詳細は同サイト(http://www.studyjapan.go.jp/en/toj/toj0302e.html)まで。日本への留学を考えている子供や孫がいたら、知らせてみては。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 伯国引渡しが決まったピゾラット被告(Jose Cruz/Agencia Brasil)2015年4月25日 イタリア=ブラジル人政治犯引渡しに同意=死んだ弟のパスポートで逃亡  イタリア政府が24日、メンサロン裁判で贈賄や横領、マネーロンダリングの罪で有罪判決を受けた25人の1人で、イタリアに逃亡中のブラジル人エンリケ・ピゾラット被告の国外引渡しを許可したと、同日付伯字紙サイトが報じている。 この一報は、現地でブラジル政府代表を務める弁護士のミシ […]
  • 東西南北2015年5月19日 東西南北  治安維持警察隊が常駐しているリオ市の四つのファヴェーラ、マンゲイラ、マレー、ロッシーンニャ、アレモンで、16日夜から17日朝にかけて麻薬密売組織の抗争が発生した。16日夜抗争が起きたマンゲイラ地区では、商人のアレシャンドレ・オリヴェイラさん(36)が、自宅前で流れ弾を頭に […]
  • 《ブラジル》最高裁=司法の大学介入認めず=9州の大学で起きた検閲問題=判事投票で満場一致の結果=学内に及ぶ極右の影2018年11月2日 《ブラジル》最高裁=司法の大学介入認めず=9州の大学で起きた検閲問題=判事投票で満場一致の結果=学内に及ぶ極右の影  10月31日、最高裁大法廷は、司法が大学の運営に介入し、警察を導入させたりすることなどを禁じた、10月27日付のカルメン・ルシア判事による暫定令を9対0の満場一致で承認した。同暫定令は、大統領選決戦投票前の10月23日から起きていた、大学内での反ファシズム・キャンペー […]
  • 東西南北2009年7月31日 東西南北 ニッケイ新聞 2009年7月31日付け […]
  • 5年目の日伯絵画展=総領事館で10日から2009年9月5日 5年目の日伯絵画展=総領事館で10日から ニッケイ新聞 2009年9月5日付け  ブラジル岐阜県人会(山田彦次会長)が主催する「日伯合同記念絵画展」が十日から二十一日まで、サンパウロ総領事館多目的ホール(パウリスタ通り854、Top […]