ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年7月7日付け

 コリンチャンスのリベルタドーレス杯制覇に沸いた今週の聖市だが、その一方でパルメイラスも頂点に王手をかけた。6日、本拠地バルエリで行われたブラジル杯決勝第1戦で、パルメイラスはコリチーバに2—0と快勝。11日に敵地で行われる決勝第2戦で波乱が起きなければ、優勝と来年のリベルタドーレス杯出場権を獲得する。ライバルであるコリンチャンスに負けじとの意地を見せたいところだ。
     ◎
 マラニョン州で5歳の少年が誘拐され、10日間行方不明となっている。ペドロ・パウロ・レメス君は、同州インペラトリス市で両親の留守中に家に侵入した2人組の誘拐犯に、家事手伝いの女性と共にオートバイでさらわれた。現時点であがっている唯一の目撃証言では、女性はトカンチンス州との州境の橋で降ろされたが、犯人たちはそのままトカンチンス方面へ逃走したという。
     ◎
 今日から9日までは3連休だが、交通技術公社(CET)によると、聖市内を走る車720万台の内、約180万台が海岸部や内陸部に向かうと予想している。連休前日の聖市では通常、14〜22時にかけて市外に出る車による渋滞が起きるため、CETは昨日から10日まで特別チームを組んで事故防止対策などにあたる。なお9日の月曜は、銀行やポウパテンポ、郵便局などは開かないので注意を。

image_print

こちらの記事もどうぞ