ホーム | 日系社会ニュース | バンデイランテス宮殿=100本の桜が見ごろ=清子元内親王の記念植樹

バンデイランテス宮殿=100本の桜が見ごろ=清子元内親王の記念植樹

ニッケイ新聞 2012年7月13日付け

 聖市モルンビ区のバンデイランテス宮殿(Av. Morumbi, 4500)で、清子元内親王殿下(現・黒田清子さん)が植えた100本の桜が満開を迎えている。
 桜は、日伯間で修好通商航海条約が調印されてから百年を迎えた1995年、清子元内親王殿下が来伯し記念碑と共に植えたもの。同宮殿インフラ管理部長の江崎ネルソンさんを通して花見が出来る。
 江崎管理部長との連絡役を担ったサンスイ社の平崎靖之社長補佐は「見ごろは来週末くらいまで。あまり日系社会に知られていない場所なので、この機会に是非どうぞ」と呼びかけている。
 江崎さんの連絡先は電話=11・2193・8264、メール=nessak@sp.gov.br

image_print

こちらの記事もどうぞ