ホーム | 日系社会ニュース | 「ブラジルで歌えること感謝」=歌手 井上祐見さんが意気込み

「ブラジルで歌えること感謝」=歌手 井上祐見さんが意気込み

ニッケイ新聞 2012年7月14日付け

 日本の演歌歌手、井上祐見さんが13回目となるブラジルでのツアーのために来伯した。
 今年のツアーテーマは例年と同じく『あなたに会えて良かった』。約2週間の滞伯で、グァタパラの入植50周年記念祭などで公演を行う。
 10日にはサンパウロ市内で歓迎会が開かれ、10年来のファン含む約40人の支援者から温かな歓迎を受けた。2009年以来の来伯となる今回のツアーに「改めてブラジルの皆様の前で歌えることに感謝したい。より来場者の方々との交流が深まるような公演に出来れば」と意気込む。
 また、過去の公演で披露され人気を博した「ソウ・ジャポネーザ」「オブリガーダ笠戸丸」の作曲者、藤山節雄さんが亡くなって最初のブラジル公演だけに「藤山先生のためにも頑張りたいとの思いは強い」と話すなどやる気は十分だ。
 井上さんの滞伯中のスケジュールは次の通り。
 15日=日本祭り出演(未定)▼17日=ピラール・ド・スール公演▼21日=グァタパラでの式典に出席、芸能祭出演▼23日=離伯。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有2017年9月2日 静岡県人会60周年盛大に祝う=知事、県議会議長らと共に=県費留学制度の重要性を共有  ブラジル静岡県人会(原永門会長)創立60周年式典が8月27日午前11時、同会館で開催された。母県からは川勝平太県知事、杉山盛雄県議会議長らが出席。集まった250人を超える県人会関係者と共に節目を祝った。来賓らは祝辞のなかで先人たちの功績に触れ、その苦労を偲んだ。式典後 […]
  • 日系コロニアの希望の星=サンパウロ 栗木大樹2015年9月1日 日系コロニアの希望の星=サンパウロ 栗木大樹  先日、県連の日本祭りに行って来ました。その人の多さ、車の多さにびっくりしました。また、祭りの規模の大きいこと。議員からの支援もなくなったと聞いており、大変だろうなと思いましたが、この不景気の中スポンサーも増え、皆さんの心意気を感じました。 中1日は雨に祟られたようでしたが、終 […]
  • 本橋 幹久2015年1月8日 新年のごあいさつ 2 県連あいさつ文=日伯120年の絆=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋 幹久  新しい年2015年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 本年は「日本ブラジル外交関係樹立120周年」の節目の年に当たります。1895年に締結された「日伯修 […]
  • 2013年12月21日 救済会60周年と憩の園55周年 ニッケイ新聞 2013年12月21日 71年間も救済活動続け=戦中から邦人救護に専心  救済会の正式発足は1953年だが、その前身である「サンパウロ市カトリック日本人救済会」は1942年6月、戦争中にその活動を開始していた。コチア産業組合中央会のような食糧供給の国家的役割を担っ […]
  • 井上祐見「ぜひ来年も来たい」=毎晩聴いているファンも2013年8月31日 井上祐見「ぜひ来年も来たい」=毎晩聴いているファンも ニッケイ新聞 2013年8月3日  「ソウ・ジャポネーザのCDを毎晩聞いているという方とお会いして、本当に感激しました」。歌手の井上祐見さん(37、愛知県)が通算13回目の来伯を果たし、7月12日から28日まで公演をこなして帰国の途につく直前、本紙にそう語った。 […]