ホーム | 日系社会ニュース | 焼津・日系人母子殺害事件=逃亡中のネーヴェス被告が免許証更新

焼津・日系人母子殺害事件=逃亡中のネーヴェス被告が免許証更新

ニッケイ新聞 2012年7月19日付け

 【既報関連】静岡県焼津市で2006年12月、日系人母子3人を殺害し、ブラジルへ逃亡した疑いで国際指名手配されているエジウソン・ドネゼッテ・ネーヴェス被告(49)が、2010年2月にサンパウロ州ジャンジーラ市で運転免許証の更新手続きをしていたことが明らかになった。16、17日に各伯メディアが報じた。
 ネーヴェス被告は交際相手だったソニア・アパレシーダ・ミサキ・サンパイオさん(当時41歳)、長男ヒロアキ君(同15歳)、次男ヒロユキ君(同10歳)の3人を、近所の住民から借りた縄で首を絞め殺害したとみられている。
 同被告は犯行の翌日に帰伯して国内に潜伏していたが、2008年1月にサンパウロ州サルタイアー市で逮捕された。その後、日本政府による国外犯処罰(代理処罰)の要請で同年2月にサンパウロ市で最初の陪審裁判を受けたが、国外での犯行のため裁判は連邦裁判所の管轄と判断され、半年後に釈放。
 しかし2009年5月にその判断が覆され、一般の裁判所で裁かれる事件とされたが、同被告は消息を絶っており捜索が現在も続けられている。
 サンパウロ州交通局(Detran)によれば免許証更新申請時、被告が指名手配犯だという記録が局内のデータベースになかったといい、警察ではその原因を調べている。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ニッケイ俳壇(862)=星野瞳 選2015年10月29日 ニッケイ俳壇(862)=星野瞳 選 アリアンサ  新津 稚鴎 受難日の肉屋の台にある聖書 草笛に今も力行応援歌 ひやひやと雨をこぼしぬ鳥曇 ランプ下げ通いし句会念腹忌 アラポンガ鳴き止めば森がらんどう 森の穂にアララが騒ぎ初明り 【投句者・新津さんは十年ぶりに第二句集を出された。この十月三日で満百才 […]
  • スライドを使って説明する与儀哲雄さん2015年5月19日 沖縄県人会=ウチナーグチは文化的財産=「消滅させてはならない」=フォーラムで熱論交わす  ウチナーグチ(沖縄語)の継承・保存をテーマにした沖縄県人会主催の第8回沖縄フォーラムが17日午後、サンパウロ市の同本部で開催され、約230人が「ただの方言ではなく一つの言語」「ウチナーグチの中に沖縄文化の精神が宿っている」などの7人の話に聞き入った。ブラジル日本都道府県人 […]
  • マルタ文化相に有罪判決=市長時代に行政上の不正=非政府組織と密接な関係か2014年1月21日 マルタ文化相に有罪判決=市長時代に行政上の不正=非政府組織と密接な関係か ニッケイ新聞 2014年1月21日 元サンパウロ市長で現文化相のマルタ・スプリシー氏が市長時代(2001~2005年)の2002年、入札を行わず民間団体と契約を結んだとして、サンパウロ市の地裁は行政上の不正行為で有罪判決を下した。18日付エスタード紙、17日付G1サイトなどが […]
  • 飲酒運転の車少女ら撥ねる=負傷した一人がいとこ救う2014年1月4日 飲酒運転の車少女ら撥ねる=負傷した一人がいとこ救う ニッケイ新聞 2014年1月4日 サンパウロ市近郊のフェラース・デ・ヴァスコンセロス市で1日午後7時頃、飲酒運転の車が歩道で遊んでいた少女や近隣住民らを直撃するという事故が起きた。 事故が起きた瞬間は現場付近の防犯カメラがとらえており、カーブを曲がった車がハンドルを立て直せな […]
  • 走って年を越すサンパウロ=大晦日名物の長距離走2013年12月25日 走って年を越すサンパウロ=大晦日名物の長距離走 ニッケイ新聞 2013年12月25日  「サンパウロ市での年末の有名スポーツ」と言えばサッカーでもF1でもない、ミニマラソンだ。毎年12月31日に開催されるサンパウロ名物の長距離走、「サン・シルヴェストレ」は今年も開催される。 […]