ホーム | 日系社会ニュース | モジ・ダス・クルーゼス=『MNラーメン』21日にオープン!=開店披露会で市長も祝福

モジ・ダス・クルーゼス=『MNラーメン』21日にオープン!=開店披露会で市長も祝福

ニッケイ新聞 2012年7月20日付け

 自家製麺、化学調味料を使用せず、本格的な味で勝負する『MNラーメン』が聖州モジ市で21日にオープンするにあたり18日夜、マルコ・ベルタイオーリ市長や関係者ら100人を招いた開店披露会を行なった。
 今年、創立から20周年を迎える「MNプロポリス社」の松田典仁会長が新しい事業として準備を進め、同社食品研究所でスープの開発を行なった。
 日本から独自に輸入した製麺機でつくるコシのある自慢の麺は「ポルケ・シンなどリベルダーデの日本食店で提供、好評を得ている」と松田会長は話し「美味しく、こくがあり、体に優しいラーメンを是非食べてほしい」と来店を呼びかけている。
 醤油、味噌味のほか餃子も楽しめる。席数58、開店時間は午前11時〜午後3時。月曜日定休。『MNラーメン』(Rua Coronel Souza Franco, 813, Centro, Mogi das Cruzes、電話=11・4726・2680/2786)。
 なお、同社では日本食店などに麺と濃縮スープの卸販売も行なうほか、ラーメン店経営の希望者に対し研修も行なっている。詳細はMNプロポリス社(11・4790・4600/担当・柏葉ジョエル)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ