ホーム | 日系社会ニュース | 卵祭りで故郷訪問=サウデ会がバス1台

卵祭りで故郷訪問=サウデ会がバス1台

ニッケイ新聞 2012年7月24日付け

 聖州のパウリスタ延長線にある〃鶏卵王国〃バストスの卵祭りに合わせて、聖市に在住するバストス市サウデ区出身者の集まり「サウデ会」約40人が、今年も14日に貸切バスで〃故郷〃を訪れた。
 市川パウロ同区長は、「昔は100家族ぐらいいたが、みな出て行ってしまい今は約15家族になってしまった。その分、毎年こうやって再会できるのを楽しみにしている」と笑顔を浮かべた。
 故郷訪問はもう15年以上続いており、今年もゆっくりと食事をし、近隣にあるサトウキビを原料とするエタノール工場を見学したりして旧交を温め、一行は翌日に帰聖した。

image_print

こちらの記事もどうぞ