ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年8月2日付け

 日本にいないので〃体感〃としては分からないが「韓流」はすでにブームではなく定着しているのだろう。普通にドラマや歌がテレビで流れることもあり、遠くて近かった隣国が本当に身近な感覚になっているに違いない。若い世代の偏見は薄いだろうから、近い将来、差別意識もなくなるかも知れない。三世で日本一の金持ちとなったソフトバンクの孫正義に憧れる若者も多いだろう▼沖縄に対する差別もかつては強いものだった。大阪に大きなコミュニティーがあるのもその証左だし、当地コロニアでもそれはよく見て取れる。本土復帰後に生まれたコラム子の世代からすれば、差別どころか、憧れの地であり、本土からの移住者も多い。沖縄に対する感覚の世代交代は朝の連ドラ「ちゅらさん」にトドメを刺す▼先日、NHKドラマ「刑事の現場」を見た。日系ブラジル人が引き起こした事件に憤る若手刑事に、寺尾聰扮するベテラン刑事が「事件の表だけ見るな」と釘を刺す。ブラジル人が多く住む団地が舞台。日本人住民との軋轢、子弟の教育問題、就労環境を絡め、なかなかの出来だった。免許を剥奪されたものの、団地内で赤ひげ先生と慕われる医師を脅迫から守ろうとするアイデンティティに悩む青年の犯行だった▼こういうテーマをドラマで扱うようになったのか—。それも第1回目である。在日ブラジル人問題が一般に知られていないだけに感慨深く思ったのだが、調べてみると、奇しくも移民100周年があった2008年制作のドラマの再放送だった。あれから4年、状況は大きく変わったが日本人の意識はどうだろうか。(剛)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]