ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2014年2月19日

 昨年引退した英国の有名サッカー選手デビット・ベッカムが2月初め、米国マイアミのチームを買収し、プロリーグ参入を発表した。なぜ米国、しかもマイアミなのかとの疑問が湧いた▼67年に北米サッカーリーグが創設されたが、振るわず84年に解散していた。米国で「フットボール」といえば「アメリカンフットボール」のことであり、区別するためにわざわざ「サッカー」という名称を使う国柄だ。サッカーというスポーツは英国発祥であり、その植民地だった米国だけに、異なる独自文化をスポーツを通して醸成する必要があったようだ▼ところが米国W杯94年開催を起爆剤にして、96年にプロリーグが再結成された。9日のグローボエスポルテによれば、今度は中南米移民の増加と共にサッカーファンが激増しはじめた▼以来7回連続でW杯に出場する中で、現在では一試合平均の観客動員数ではアメフト(約6万5千人)、野球(約3万人)に次ぐ約1万9千人に成長した。なんとホッケー(1万7千人)やバスケット(同)を上回る▼この動員数は国別にみても世界8位の記録で、実は日本(13位=約1万6千人)、ブラジル(18位=約1万3千人)より多い。いつの間にか世界有数のサッカー市場を有する国になった。つまり、移民による国民構成の変化を象徴する現象が、サッカー隆盛だ▼米国サッカーチームは北東部や西海岸に多く、南部は中南米移民が多い割にプロチームがなかった。そこへベッカムが目を付けた訳だ。サッカーの観客動員数がアメフトを追い抜くころ、中南米移民出身の米国大統領が生まれるかもしれない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2014年3月19日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年3月19日  「〃W杯特需〃に乗り遅れるな!」とばかりに、開幕会場イタケロン付近の庶民は皮算用に必死らしい。16日付エスタード紙によれば、なんと一月間の賃料39万レアルの物件(3寝室で72平米)まで登場。別の物件では、治安の良くないあの地域で会場まで徒 […]
  • コラム 樹海2014年1月31日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月31日  「施設の社長は日系か、ブラジル人か?」。イトゥー市に建設中のサッカー日本代表宿泊施設の工事が遅延かとの話題を、日系建築専門家に振ったところ、まずそう聞かれた。「日系人です」と言うと「じゃあ5月中に完成させるのは難しいな」と即答した▼理由を […]
  • コラム 樹海2014年1月24日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月24日  サッカーW杯本番まであと5カ月――昨年末のグローボ報道では、会場となる全伯のスタジアムの半分しか完成しておらず、開催都市の交通インフラ整備工事は75%が遅延、または試合に間に合わないと報道された。当地らしく最後までハラハラ、ドキドキだ▼特 […]
  • コラム 樹海2014年1月3日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2014年1月3日  昨年もいろいろな名(迷?)言が生まれた。心に残るのは、昨年就任した新法王が7月に出身地のブエノスアイレス大聖堂に自分の立像ができたと聞いた時の言葉、「今すぐそれを撤去してくれ!」だった。積年の問題が山盛りのバチカンを救うために選ばれたイエズ […]
  • 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは2019年7月9日 日本政府はもっと日本祭りに支援すべきでは  県連日本祭りの裏方である県連執行部はもちろん、ボランティアとして働いた各県人会の役員や婦人部、青年部、それぞれのブースで働いた皆さんに、今年も心から「お疲れさま!」と言いたい。  本国以外では世界最大規模の日本祭りにして、昨年は眞子内親王殿下をお迎えして移民110周 […]