ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2012年8月18日付け

 文協が主催する『第3回全伯俳句大会』の兼題部門の結果発表と、席題部門の大会が明日19日にある。「申し込みの締め切りの6月30日は1カ月半も前のことなので、存在自体をすっかり忘れている人もいるのでは」と心配顔の浜照夫実行委員長。「大会は、兼題部門を見ても新人の入賞が多く、全体のレベルも上がっている」とか。関係者の方は、お忘れなく参加を。
    ◎
 組踊と沖縄芝居公演のため来伯した阿嘉修、嘉数道彦さんは、「ブラジルには沖縄の方言が強く残っていると聞いていた。ようやく夢が叶った」と嬉しそう。組踊も沖縄芝居も、沖縄においてすら字幕なしでは理解されないとか。日本語どころかウチナーグチまで通じる当地の沖縄コミュニティに、「ブラジルに来たと思えない」と驚く二人。
     ◎
 先週あるブラジル人有名スポーツ解説者はラジオで、サッカー代表がメキシコに敗れて銀に終わったことを評して、「今じゃ〃サッカー王国〃の名を返上して、柔道王国だと名乗らなくては」と皮肉を言っていた。石井千秋さんは「ブラジルに来て初めてビーチサッカーを見たとき、その足技、身体能力は絶対柔道に生かせる。ブラジル人は柔道に向いていると思いましたね」と話す。石井さんが移住したのは東京五輪の年(64年)、この予感は48年後に的中したようだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2005年6月30日 大耳小耳 6月30日(木) […]
  • 大耳小耳2014年10月1日 大耳小耳  もっとブラジルを知ってもらおうと、東京のJR中央線沿いのブラジル系店舗や、ライブハウスが手を取り合い9月27、28日に音楽イベント『VAMOSブラジる!?』と題した企画を開催した。ボサノバやサンバだけでなくブラジリアンPOP、ショーロ、ノルデステなども紹介したという。サン […]
  • 大耳小耳2007年9月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2007年9月18日付け […]
  • 大耳小耳2017年2月1日 大耳小耳  JICAボリビア通信第9号を見ていたら、興味深いプロジェクトが進んでいるようだ。標高3600メートルにある首都ラパスから発信しているだけに、副題が「高いところから失礼します!!」とシャレている。同地のボリビア日系協会連合会(ANBJ)は加盟団体と協議を重ねて、「日本学園(仮称 […]
  • 大耳小耳2016年5月11日 大耳小耳  読者から「入れ歯(dentadura)を上手に作る歯医者を紹介してほしい」との連絡があった。なんでも「今までにサンパウロ市で2、3人ほど上手な人がいたが、年配でみな亡くなってしまった」とのこと。「サンパウロ市内で30年以上やっていて上手な人」との希望だ。日本語が出来る、入れ歯 […]