ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年2月13日

 日立建機とジョン・ディア社の新工場の竣工式にて。役員らは日本、伯国、米国と、さまざまな文化背景をもつひとたちだったが、お互いの名を呼び合う際、ポ語でも英語でも「~さん」と、〃さん付け〃しているのが印象的だった。案外、「セニョール(セニョーラ)」や「ミスター(ミセス)」という敬称よりも、親しみを感じるのは記者だけか。よく馴染んだ雰囲気も、両社の歴史を感じさせた。

     ◎

 現在、6面下段の小説欄では『日本の水が飲みたい』が好評掲載中だが、それが終り次第、次には戦中戦後の苦難を描いた中野文雄さん著の自分史『子供移民の半世紀』を掲載する。さらにその次には、レジストロ連載で紹介された本間剛夫さんの最後の小説『パナマを越えて』と革命家ゲバラとの邂逅を描いた『幻を追う男』を掲載予定。玉川大学で子息の本間久靖さんと同級生だった戦後移民の大槻洋志郎さん通してお願いし、本紙での転載許可をもらった。現在は打ち込み作業中だが、傑作や涙なしに読めない作品などが勢揃いの小説欄をお楽しみに。

     ◎

 日経リサーチ出版が、「在ブラジル日系企業における現地スタッフの給料と待遇に関する調査」(A4判、4万7250円)を来月に刊行予定。35社の日系企業を対象に従業員数、福利厚生、昇給・ボーナス、健康・医療保険などを調査、ブラジルでの人材確保に欠かせないデータを収録している。昨年はブラジル日本商工会議所などで委託販売していたが、今年は未定とのこと。同著の詳細に関心のある方はサイト(www.nikkeibpm.co.jp)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2017年5月20日 大耳小耳  柳誌『ぶらじる川柳』(ぶらじる川柳社)が213号を5月に発行した。《テーメルさん何とかしてよこの不況》(中山哲弥)と大統領に頼む作品を目にした日、皮肉なことにその本人が一番の苦境に立たされていた(詳細2面)。《冷蔵庫前にたたずみはて!なにを》(久保久子)を読んで、「私も、私も […]
  • 大耳小耳2014年3月11日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月11日 ジスキ・サウージはこれまでさまざまな相談対応を行ってきたが、病院の誤診に対して訴訟を起こしたケースに立ち会ったこともある。日本にはない「シャーガス病」と疑われる相談があったときに、担当の病院に情報提供し、迅速に治療が行われた事例など、両国の言 […]
  • 大耳小耳2014年3月7日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年3月7日  本紙ポ語版「JORNAL NIPPAK」(毎週発刊)で先週から、NHKの番組表を掲載している。英語によるものだが、ご家族で視聴する場合に利用してほしい。日本語の読めないお孫さんとの話題にしてみてはいかが。      ◎ […]
  • 大耳小耳2014年2月21日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月21日  コチア青年連絡協議会の総会では、村田会長から、飯星ワルテル連邦下議を中心にコチア青年子弟の二、三世の連絡網作りが進められていることが報告された。村田会長らの「60周年祭はコチアファミリーが一体となって成功させたい」との思いをコチア二世であ […]
  • 大耳小耳2014年2月18日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2014年2月18日  レシフェにはすでに日本のテレビ局員4人が訪れ、文協は通訳等の依頼を受けたとか。伊与田会長は「日本語学校の先生を手配するが人員不足。サポーターにまで対応できるだろうか」。「日本からは六つほどのテレビ局が、10~15人を組織して訪れるだろう」 […]