ホーム | コラム | 大耳小耳 | 大耳小耳

大耳小耳

ニッケイ新聞 2014年3月20日

リベルダーデ歩こう会のサントス旧街道ツアーに参加したアラブ系二世のソニア・ジビさん。亡夫とともに、ルス公園など各地に支部を発足させてきたラジオ体操協会の重鎮だ。「なぜかアラブ系より、日系社会とのつながりが濃い」という彼女は、同会のツアーにも時々参加。今回は、双子の妹やラジオ体操協会の仲間など、8人もの非日系を連れてきた。移民の足跡を辿りつつ、他民族の歴史に触れるのも中々味わい深い。

 08年までサッカー協会のフットサル部門に勤務した土井エジソンさん。大会を開催するイトゥーは日本代表が、W杯期間中に拠点を置く。しかし試合会場はレシフェ、ナタール、クイアバと気候が全然違うことから、その選定に土井さんは首をひねる。現会長の大仁邦彌氏は当時の上司で、同僚たちも今や理事。「私のほかにも、ブラジルをよく知る関係者はたくさんいる。サッカー界でも日伯のつながりは強いはずなのに…」と合点がいかない様子。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • W杯開催地の準備は如何に=本番開始まで1年切る=空港拡張などは加速必要2013年6月29日 W杯開催地の準備は如何に=本番開始まで1年切る=空港拡張などは加速必要 ニッケイ新聞 2013年6月13日  14年6月12日〜7月13日開催のサッカーW杯まで1年を切り、12日付エスタード紙が開催地毎のスタジアムや周辺整備の状況を報じた。12のスタジアムはどれも国際サッカー連盟(FIFA)との今年末までに改修や拡張を終える見込みだが、空港や会場周 […]
  • 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載2012年10月27日 本紙が選んだ15大ニュース=発刊以来の主要記事や連載 ニッケイ新聞 2012年10月27日付け  来年3月でニッケイ新聞が創刊15周年を迎えるのを記念し、歴代の記者が日夜取材に駆け回り、本紙に掲載した記事の中から、独断と偏見で選んだ15個のトップニュースを、「コロニア15大ニュース」としてお届けする。続々と報じられたこれらニ […]
  • 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論2020年11月14日 【特集】オンライン=日本移民シンポジウム初開催=「日本文化の継承への課題」等=原田清弁護士ら熱く討論  汎ソロカバナ日伯連合文化協会青年部と、国際NGO「国際キフ機構」ブラジル支部(KIFブラジル)が主催する「ブラジル日本移民シンポジウム」が、7日(土)午後2時から4時半までオンラインで初開催された。モデレーターの原田清弁護士を中心にして、現代における日本移民の歴史の意義や、ど […]
  • 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」2018年12月18日 独断と偏見で選んだ「110周年最大の遺産」  なんと早い1年だったか――予想はしていたが、まさに「アッという間」だった。5月にはトラックストという未曽有の大混乱があり、日本進出企業や日系地場企業も大打撃を受けた。それ以降、6月にサッカーW杯ロシア大会、7月に眞子さまをお迎えして日本移民110周年祭、8月から選挙運 […]
  • 《ブラジル》サッカーのカカーが現役引退を発表=サンパウロ市が生んだ世界最優秀選手2017年12月19日 《ブラジル》サッカーのカカーが現役引退を発表=サンパウロ市が生んだ世界最優秀選手  2007年のサッカー世界最優秀選手で、サンパウロ市出身でもあるカカー(35)が17日、現役生活を引退することを発表した。18日付現地紙が報じている。  1982年に連邦直轄区で生まれたカカーことリカルド・イゼクソン・ドス・サントス・レイテは、生後まもなくクイアバに移 […]