ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年8月21日付け

 日本の政治家で「移民導入論」を最初に提唱したのは、故・梶山静六氏(自民党)であった。月刊誌に発表したものであり、確か1千万人を導入しないと、日本の産業や経済が衰退するの考え方であり、あの当時としては斬新的な論文であり、驚いたものである。勿論、戦後移住の再開に骨を折った吉田茂首相もいるし、明治になると移民推進論は大変な勢いだったのは、移民なら誰しもが知っている▼だが—これらは人口問題の解決策としての移民送出であって梶山氏の「導入」ではない。梶山氏の論文は、平成10年の自民党総裁選を目指しての政策論であったが、こうした考えの背景には日本の人口が減少するとの専門家たちの予測が間違いなく影響している。事実、2005年には、日本は歴史が始まってから初めて人口が減ったのであり、これは記念すべき年であり、マイナス2万1266人であった▼厚労省によると、2030年には1億1522万人、2050年になると1億人を切って9515万人になると推計している。これは1年に約70万人ほどが減ることを意味し、これは真に怖いながら、こうした人口減は日本だけではなくイタリアやロシアもだし、ドイツとフランスも出生率が低下し、近い将来に人口減になるのは確実の見方が強い▼と、こんな話を記したのも、ブラジルから日本への「ポロロッカ移民」らの日本定住が顕著の報道があったからだが、こんな形での「移民」が多くなれば、日本の人口減少のマイナスを補う大きな手助けになるかもしれないと—ささやかな期待をしているのだが。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]