ホーム | 連載 | 2012年 | ブラジル文学に登場する日系人像を探る=ギリェルメ・デ・アルメイダのコンデ街=O Bazar das Bonecas=中田みちよ | ブラジル文学に登場する日系人像を探る=ギリェルメ・デ・アルメイダのコンデ街=O Bazar das Bonecas=中田みちよ=第1回

ブラジル文学に登場する日系人像を探る=ギリェルメ・デ・アルメイダのコンデ街=O Bazar das Bonecas=中田みちよ=第1回

ニッケイ新聞 2012年8月29日付け

 ずっと長い間、私のうちにわだかまりがありました。100年を越したブラジルの日本移民史でいつも語られる辛酸をなめた話。コーヒー園からの逃亡、コンデ・デ・サルゼーダス街のポロン暮らしの話。邸宅に女中奉公や下男勤めをした話。いつでもいつも視点は日本人側からの、つまり内側からのものです。たとえば家族総出で野良仕事をする移民の姿はどんな風にブラジル人に映っていたのでしょうか。コンデ街の日本人を見て彼らはどう感じていたのでしょうか。下男や下女として働く日本移民を見てどんな日本人像を描いていたのでしょうか。そう模索しながらブラジル文学の本を読みはじめてもう何年もたちました。すると、その多くは戯画的ではありますが、かなりの作品に日本人が扱われていることが分かりました。それらの作品を、その時代背景を捉えながら、日系社会と絡み合わせて語ってみようというのがこの小文の意図するところです。

 日本移民を語るとき、必ずといっていいほど登場してくるのがコンデ・デ・サルゼーダス街です。
 コンデ街に最初に住んだのは笠戸丸移民の3家族で、1910年ごろまでに100家族ほどいたといわれています。何をやっていたかというと、男性は大工、ペンキ職人、それから家庭奉公(男は下男、女は台所の下働きや、給仕、掃除)、これらは普通コペイロと呼ばれました。辞書には食器係とありますが・・・。
 一応、コッパというのが食器がしまわれている室。台所の代わりにも使われる言葉ですが、日本にはコッパという概念がないので、適当な訳語がありません。奉公にあがっても日本とは洗濯や掃除スタイルなどもずいぶん違いますから、実際には下働きに使われただけと思いますが、でもまあ、ここでブロークンではあっても先人たちは言葉と仕事を覚え、ブラジル文化を取り入れていきます。「家庭奉公感想日記」というのがコロニア随筆選集2に掲載されていますが、日本の女中奉公のように夜昼こき使われることもなく、比較的、楽な暮らしだったようです。それを裏付けるようなわが亭主の証言もあります。
 1960年初頭にブラジルへやってきた亭主は、農園を飛び出して、飛び出した理由というのが、早朝、鐘で起こされることに「ドレイ」でもあるまいしと腹を立てた。飛び出しても行く先がなくてお屋敷街の張り紙を見てコペイロになったことがある、そうです。コペイロというのは大して仕事もなく楽だったようですが、そのうち、ぼんくら御曹司の数学を見てやるようになり、「お前はアホか」とどなって首。これは言葉の疎通からくる鬱積がそういわせたと好意的な分析もできますけど・・・つまりは人間が短絡なのです。まあ、こんなふうに戦後でも、結構、家庭奉公をやった人間もいたという証左です。

コンデ街といえばポロン

 コンデ街といえばまっさきにポロン(半地下室)というイメージがきます。普通の家ではポロンというのは物置か、使用人が使いましたから建て上げも低く、天井に頭をぶつけないようにしながら人が出入りしました。街路に面して道路すれすれに窓があり、鉄格子がはめられていて、内側からは路上を行く歩行者の足元だけが見え、外側からは中の様子を覗けるものでした。
 道路すれすれの窓ですから人が通るたびに塵・埃が入ってきて、胸がつまるほど空気も悪い(1950年代までは日本人移民には結核患者が多く、ずいぶんサンタカーザ慈善病院の世話になっている・・・と前山隆(註=USP文化人類学助教授、85年から静岡大学人文学部教授、移民に関する著書多数)は、著書『ドナ・マルガリーダ・渡辺』(御茶の水書房、1996年、119頁)でのべています。
 ですが、家賃が上部住宅の半分以下というのが魅力で、経済力のなかった日本人たちが肩を寄せ合って暮らしていたところです。1924年の日伯新聞の探訪記事にこんなのがあります。「・・・30家族の日本人が大部分太陽の光の直射せない縁の下に住んでいる。無論、往来からは窓を通して眼下に寝台が見える。暑い時期などは開け放した窓から女性の寝そべったダラシない姿がそのまま見える」(つづく)



image_print

こちらの記事もどうぞ

  • チチャレンガ同船者会=55周年も兼ね、6日2012年12月21日 チチャレンガ同船者会=55周年も兼ね、6日 ニッケイ新聞 2012年12月21日付け  『第3回チチャレンガ同船者会』が1月6日正午から終日、カラオケ「力」(Rua da Gloria, 844, Liberdade)で開催される。参加費50レアル。 […]
  • 生長の家創立者の次男=谷口貴康氏 出版記念講演会=2日から国内4都市で2012年11月27日 生長の家創立者の次男=谷口貴康氏 出版記念講演会=2日から国内4都市で ニッケイ新聞 2012年11月27日付け […]
  • 裏千家が初釜新年会=サンパウロ市内ホテルで13日2012年12月19日 裏千家が初釜新年会=サンパウロ市内ホテルで13日 ニッケイ新聞 2012年12月19日付け  茶道裏千家ブラジルセンター(林宗慶代表)の『初釜新年会』が1月13日午前11時から、サンパウロ市のホテル「グランド・ハイアット・サンパウロ」(Avenida das Nacoes […]
  • クリスマス・バザー=島根県人会で24、25日2012年11月22日 クリスマス・バザー=島根県人会で24、25日 ニッケイ新聞 2012年11月22日付け  恵アートスペース(オルガ・ケイコ・イシダ代表)は24、25の両日午前10時から、『クリスマス・バザー』を島根県人会館(Rua das Rosas, 86, Saude)で開催する。 […]
  • ■訃報■平中信行さん2012年11月23日 ■訃報■平中信行さん ニッケイ新聞 2012年11月23日付け  アチバイア・オルトランジャ協会現会長で山口県人会会長も務めた平中信行さんが、22日午前9時ごろ、アチバイア・ノーヴォ病院で肺癌のため逝去した。享年68。22日午後7時に通夜が行われた。 […]