ホーム | 日系社会ニュース | サンパウロ国際短編映画祭=吹田祐一監督作品 「美しき日本の朝」が入選=本日上映、震災後の日常描く

サンパウロ国際短編映画祭=吹田祐一監督作品 「美しき日本の朝」が入選=本日上映、震災後の日常描く

ニッケイ新聞 2012年8月29日付け

 香川県出身の映像作家、吹田祐一さん(27)の短編映像作品「How Beautiful Japanese Morning is」(邦題・美しき日本の朝、15分)が23日から開催している「サンパウロ国際短編映画祭」の国際部門で入選を果たした。
 今年23回目を迎える南米最大規模の短編映画祭で、35分以内にまとめられた短編作品が3部門(国内、南米、国際)に分かれ募集された。
 世界各国から約2500作品が応募は最も狭き門で、国際部門では吹田さんの作品含む63本が選出され、サンパウロ市内の映画館で上映されている。全て入場無料。
 同作品における作中の設定は「ある家庭の東日本大震災翌日の朝」。15分間の上映で日本人女性が淡々と朝食をつくる様子が映し出され、震災後に頻発した余震への感情の機微が独特の表現で描かれる。
 23日に来伯した吹田さんは、日本国内の映画祭では全て落選したことを明かし「本当に救われた思い」と喜ぶ。「被害の少ない東京に住んでいた自分なりに、地震後に感じたストレス・苦しみを映画に注ぎ込んだ。分かり辛い部分もあるが、考えをめぐらせ想像しながらみてもらえれば」と呼びかけている。
 本日29日午後7時からEspaco Itau de Cinema(R. Augusta, 1470)が最終上映。その他映画祭に関する情報は公式サイト(http://www.kinoforum.org.br/curtas/2012/en/)まで。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 大耳小耳2012年5月1日 大耳小耳 ニッケイ新聞 2012年5月1日付け […]
  • ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(9)=トビウオが変えた岡本の運命2016年8月20日 ブラジル水泳界の英雄 岡本哲夫=日伯交流から生まれた奇跡=(9)=トビウオが変えた岡本の運命  岡本の業績と人柄をまとめたドキュメンタリー映画『O nadador - A história de Tetsuo […]
  • 大耳小耳2018年8月1日 大耳小耳  在聖総領事館の安全情報によれば、7月28日正午ごろサンパウロ市セー駅構内で邦人がバッグを盗難される被害が発生した。被害者は犯人と思われる男に「バッグが汚れている」と声をかけられ、確認したところ液体が付着していた。男と汚れを落としていると、「上着も汚れている」といわれ、バッグを […]
  • ■今週末の催し2012年11月29日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2012年11月29日付け  土曜日(1日)    あじさい祭り、午前10時、カンポスさくらホームホーム(Av. Tassaburo Yamaguchi, 2173, Vila Albertina)、日曜日も(午前10時半〜) […]
  • ■今週末の催し2012年11月22日 ■今週末の催し ニッケイ新聞 2012年11月22日付け  土曜日(24日)  コーペルコチア・アトレチコ・クラブ『第9回コーペルビエナール』、午前10時、同クラブ内イベントセンター(Rua Valentim Nicolai s/ n, prox. Km […]