ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年9月7日付け

 今日から3連休がはじまるが、6日付フォーリャ紙は表紙で「サンパウロ州民にとっての3日間の最善な過ごし方」を提案している。フォーリャ紙が写真で選んだのは7日がモルンビー・スタジアムでのサッカー代表の対南アフリカ戦、8日がブラジル銀行文化センターでのオルセー美術館の印象派絵画の展覧会、9日がパウリスタ大通りでのサイクリングとなっている。
     ◎
 この3連休でのサンパウロ州の天気は3日とも「晴れ後曇り」で最高気温は7日が29度、8日と9日が31度と、この冬でもかなり暑い部類の日になりそう。サンパウロ州民待望の雨は今回もお預けのよう。また、7日の交通渋滞のピークはアンシエタ/イミグランテス街道が13〜24時、レジシス・ビッテンコート街道が16〜22時、アニャンゲーラ/バンデイランテス街道が16〜20時、ヅットゥラ街道が16〜20時、アイルトン・セナ街道が16時以降となっている。
     ◎
 サンパウロ市市長選挙の候補者のCMはテレビやラジオで大量に流れているが、この3連休中は5日からハダジ候補のCMに登場しはじめたマルタ元市長の顔をよく見ることになりそうだ。連休明けには、ジウマ大統領がハダジ氏の応援CMに登場してくるようだ。カルドーゾ元大統領もセーラ候補の応援を約束。勢ぞろいで賑やかに(というか、騒がしく)なりそうだ。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 注・小党については党名、議員数を省略しています2014年7月16日 いよいよ大統領選が本格化=天下分け目の10月決戦へ=舞台裏や裏取引きあれこれ=駒形 秀雄  サッカー世界大会は強豪ドイツの勝利となり、ブラジルの「地元で優勝」の夢は〃コッパ微塵〃に砕かれて、終わりとなりました。一方、この1カ月間、地元の大統領選挙のほうはその布陣展開に大きな進展が見られ、有力候補陣の顔ぶれ、政党間の合従連衡などが確定しました。これで10月に行われ […]
  • 東西南北2013年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年11月12日  ジルベルト・カサビ前サンパウロ市市長は10日、同氏の市政時代の財務局の局員たちによる5億レアルの収賄スキャンダルに関し、フェルナンド・ハダジ現市長から批判を受けていることに対して不満を示した。スキャンダル解明にあたって市の「大損害と崩壊」 […]
  • 東西南北2013年5月21日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年5月21日  18〜19日にサンパウロ市で行われた24時間の文化イベント「ヴィラーダ・クルツラル」では、暴力犯罪が例年以上に目立ち、1人が射殺され、さらにもう1人が麻薬中毒が疑われる急死。5人が発砲を受け、6人が刃物で刺された。市が1千万レアルをかけ、4 […]
  • 新年の国政を展望する=14年の大統領選挙は?=百鬼夜行の政界事情2013年1月1日 新年の国政を展望する=14年の大統領選挙は?=百鬼夜行の政界事情 ニッケイ新聞 2013年1月1日付け  12年10月における全国選挙の結果を受け、14年の大統領選や全国知事選、さらには18年の大統領選の展開が早くも見えてきている。 […]