ホーム | コラム | 東西南北 | 東西南北

東西南北

ニッケイ新聞 2012年9月13日付け

 雨なし状態の続くサンパウロ市は11日、夕方に湿度80%を記録し、ようやく霧雨が降った——かと思われたが、その量があまりに微量だったため、降雨とは記録されず。次の雨の予報は19日。その場合、雨無し記録は60日間で止まり、85年の78日間の更新はない。もっとも、市民の健康のためには1日も早く降ってほしいところ。
     ◎
 地下鉄4号線が本格操業してまもなく1年が経つが、サンパウロ州交通局によると9月7日、地下鉄とCPTMは乗客数の新記録を作っていた。同日の朝のラッシュアワーに地下鉄で470万人、CPTMで280万人の合わせて750万人を記録した。現在も新しい路線の開通や拡張の作業が行われているが、乗客緩和は果たして起こるか。全国大衆輸送車業界も「地下鉄の乗客がバスを選べば、今度は道路が渋滞するだけ」と半ばお手上げ状態だ。
     ◎
 12日の伯字紙文化欄はカエターノ・ヴェローゾ一色。フォーリャ紙は、シコ・ブアルキとのコンサートのライブ盤「カエターノ&シコ」が発売40周年を記念し、検閲でカットされていた部分を含んで再発売されると報じた。またエスタード紙は、カエターノが60年代後半に軍政に反対して起こした文化運動「トロピカリア」のドキュメンタリー映画を紹介した。こちらの公開は明日から。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に2014年1月1日 60年代「怒れる若者」から=2013年の「抗議の波」まで=かつての活動家が体制側に 新年号 ニッケイ新聞 2014年1月1日  2013年6月、サッカーのコンフェデレーションズ杯の直前から開催期間中にかけて、全国規模での「マニフェスタソン(抗議の波)」が起こった。同じ頃、エジプトやトルコでもデモが起こったが、ブラジルの場合、かねてからの政情不安があったエジプ […]
  • 東西南北2013年11月30日 東西南北 ニッケイ新聞 2013年11月7日  出版社や著者に対し、伝記の本人や遺族への伝記出版許可や肖像権の支払いの義務付けを求めた有名音楽家たちの集団「プロクレ・サベール」から5日、ロベルト・カルロスが脱退を発表した。これはロベルトが「大事なのはプライバシーの権利で伝記は許可なしでも […]
  • 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ2019年1月7日 怨念が生んだ新政権の背景探る=29年目のジンクスは当たるか=ジャニオ、コーロル、ボルソナロ  「なぜ、そんな兆しさえなかったブラジルで、極右政権が誕生したのか」と問われたとしたら、「ルサンチマン(積もり積もった怨念)」と「ブラジル選挙の29年のジンクス」の2つが起こした〃時代的な化学反応〃を理由にあげる。この二つの事象は、いかにして窓際下院議員、陸軍予備役少佐 […]
  • 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権2018年12月13日 軍政令第5条(AI5)から50年=軍事政権  1968年12月13日、「ブラジルの軍事政権史上、最悪の悪法」と呼ばれた「軍政令第5条(AI5)」が通過。ブラジルは20世紀最大級の激動を生きることとなった。  事の発端は、同年3月28日にリオの大学生エジソン・ルイス・デ・リマ・ソウトさんがリオの軍隊に殺害されて大 […]
  • シコ・ブアルキ公演でルーラ元大統領への声援=24日の裁判へのエール2018年1月6日 シコ・ブアルキ公演でルーラ元大統領への声援=24日の裁判へのエール  ブラジル音楽界の大御所、シコ・ブアルキ(73)が4日、リオで行われたコンサート終盤で、今年の大統領選出馬の命運のかかる裁判を24日に抱えているルーラ元大統領へエールを送る見せ場を作った。  シコは現在、昨年に11月ぶりに発表したアルバム「カラヴァナス」に伴うツアーを行ってい […]