ホーム | 日系社会ニュース | 第1回ニッケイ新聞杯 数独大会を開催!=今月29日、宮城県人会で=参加費無料、出場者募集=考案者 鍛冶真起氏が来伯講演

第1回ニッケイ新聞杯 数独大会を開催!=今月29日、宮城県人会で=参加費無料、出場者募集=考案者 鍛冶真起氏が来伯講演

ニッケイ新聞 2012年9月15日付け

 ブラジルはもちろん、世界中で圧倒的な人気を誇るパズルゲーム「数独」の技能を競う『第1回ニッケイ杯・数独大会』(本紙主催)が29日午前10時から、宮城県人会(Rua Fagundes, 152, Liberdade)で開催される。文協、県連、宮城県人会、コジロー出版協賛。後援するパズル出版社「ニコリ」(本社東京、1983年設立)の社長で、数独の考案者である鍛冶真起氏(61、北海道)が初来伯、数独が世界に広まった経緯やパズルビジネスをテーマに講演を行なう。大会は誰でも参加可能、出場費無料。希望者はメール(sudokunikkey@gmail.com)で名前と年齢を知らせること。またはニッケイ新聞(11・3208・3977/堀江)まで。

 数独(すうどく、Sudoku)は、3×3のブロックに区切られた9×9の正方形の枠内に1〜9の数字を入れるパズルの一つで、縦・横の各列及び、太線で囲まれた3×3のブロック内に同じ数字が複数あってはいけないというルールがある。
 「数独」という呼称は、ニコリが発行するパズル雑誌『パズル通信ニコリ』で使用される名称(登録商標・日本第3327502号)で「数字は独身に限る」の略。日本では「ナンバープレース(ナンプレ)」と呼ばれることも多いが、ブラジルでは「SUDOKU」として知られている。
 初の世界選手権(World Sudoku Championship)は06年イタリアで開かれ、22カ国85名が参加、チェコの女性が優勝した。全日本大会や世界大会も各地で開かれている。(ウィキペディアから抜粋)
     ◆
 かじ・まき 1951年、北海道札幌市生まれ。應義塾大学国文科中退。出版社や印刷会社勤務を経て、1983年、株式会社「ニコリ」設立。
 既存のパズル「ナンバープレイス」を「数字は独身に限る」と独自の改良を加え『数独』と命名した。「ニコリ」は、パズル専門誌を出版するほか、新聞や雑誌にもパズルを提供、世界で最も豊富な供給源となっており、現在250種類以上のパズルを提供、150以上のパズル雑誌を出版している。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • ■人探し■2019年2月8日 ■人探し■  岐阜県岐阜市在住の高橋明丈さんが、市内の明徳小学校で同級生だった「野口」さんという女性を探している。判明しているのは苗字のみで、結婚後に、苗字が変わっている可能性がある。  高橋さんは1947年生まれ。野口さんが存命なら現在は70歳過ぎ。高橋さんによれば、1959年の伊勢湾 […]
  • 岐阜県人会総会、24日2019年2月6日 岐阜県人会総会、24日  ブラジル岐阜県人会(長屋充良会長)の「定期総会」が24日、サンパウロ市リベルダーデ区のニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, […]
  • ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子2019年1月30日 ぷらっさ=日本の大学に日本人移民史研究学科を=吉田 恭子  イビウーナで暮らしておられた故・香山栄一氏から8百冊余りの書籍を引き継いで、インターネット上に何とか香山文庫のウェブサイト(http://wabicafe.com.br/kayama/)を立ち上げたのが、今から4年余り前。時々サイトの手直しなどをしてはいるものの、デー […]
  • 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中2019年1月11日 瀬名波さん文化カレンダー=本紙編集部で無料配布中  「新ウチナー民間大使」の瀬名波美恵子さんが沖縄文化普及活動の一環として、2019年度文化カレンダー「ウチナーグアー」を製作した。全1000部。同民間大使とは、沖縄との懸け橋として海外で活躍することが期待される人を認証する県の制度。  ラジオ・テレビ・ニッケイのアナウ […]
  • ■今週末の催し2019年1月10日 ■今週末の催し  12日(土曜日)  新春初生け、午後7時、ニッケイパラセホテル(Rua Galvao Bueno, 425)、日曜は午前10時から      ◎  映画鑑賞会、昼12時半、熟連会館(Rua Dr. Siqueira Campos, […]