ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年9月21日付け

 診察のために毎月通っているサンパウロ市のクリニカス病院は、コラム子にとってブラジル社会を学ぶ教科書のような存在だ。まるで一つの町のように巨大な同病院には、USP教授やインターンなどまさに当国一流のエリート層が医師陣として、勤勉な中産階級が職員として、SUS(国営無料健康保険)を使う庶民層が患者としてひしめいている▼地下階にポルキロ・レストランがあり、とても印象的な作りだ。経営会社は一緒なのに、わざわざ三つに仕切って別々のレストランとして営業する。一番手前にあるのは4レアル定食のみで、とにかく安くて量が多い。中間にはキロ11レアルのポルキロ、最奥にはキロ28レアルのポルキロだ。奥に行くほど食べ物の質は良くなり、面白いことに食後のカフェすら見事に変わる。最安はカフェなしだが、最奥はエスプレッソ機の挽きたてが飲める▼各レストランは壁状の全面ガラスで仕切られており、まるで隣同士のように思えるのに、実はしっかりと区切られている。よく見ると、値段別に見事に客層が異なる。最安のところには庶民、中間には職員風、最奥には医者やインターンが中心に見える。明らかに最安ほど肌の色が濃い人が多いようだ▼単に運営上の問題でそうしたのかもしれないが、うがった見方をすれば、〃階層〃ごとに食事をした方が落ち着く心理があるのかもしれない。そういえば、貧民街パライゾーポリスと高級住宅街モルンビー区は隣り合っているが、しっかりと社会的な壁がある▼これも一種の棲み分け処世術なのかと感じた。人種差別ではない。だが、経済格差という透明な壁で仕切られた社会がそこにはあるようだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子2018年10月31日 「冠婚葬祭」という日本文化=半田知雄著『移民の生活の歴史』より=切な過ぎる一言「先祖を守れません」 サンパウロ市 ヴィラカロン在住 毛利律子  先日、サンタクルースのメトロ駅近くで整体治療院を経営する岸本晟さんから、大変貴重な本をお譲り頂いた。半田知雄氏の『移民の生活の歴史』である。  それは、1908年6月18日に第一回笠戸丸がサントスに着岸した日から、1967年5月、移民60周年記念式典に来泊された今上 […]
  • ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選2016年8月19日 ニッケイ歌壇(519)=上妻博彦 選       サンパウロ      武地 志津軽量も気迫で乗り切る日馬富士巨体逸ノ城下(くだ)す上手投げ白鵬の手が顔面を被いたる瞬間豪栄道の腰砕け一瞬を松鳳山の変化にて又も不覚を取りし稀勢ノ里両手上げ怯える様の「勢」に白鵬忽(たちま)ち体勢崩れる日馬富士の優勝称え喜びを分かち合い […]
  • ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選2016年7月13日 ニッケイ歌壇(516)=上妻博彦 選 アルトパラナ  白髭ちよ 楽しみが又一つ消えて行く吾が人生の日暮時かな 歌友も師も無き吾の歌の道日日の歩みを短歌に託し テレビにて見とれる日本の桜花恋いつつ逝きし父母に見せたき ひと度も訪日かなわず逝きし父在らばNHK視せましものを いかばかり恋しかりしやふるさとを偲 […]
  • 年頭のご挨拶2016年1月5日 年頭のご挨拶 県連50周年とリオ五輪に向かって=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 本橋幹久 新しい年2016年を迎えるに当たり、新年のお慶びと共にご挨拶を申し上げます。 一年の計を思い成す為には、過ぎた一年を思いたどることも必要かと思います。 2015年は、先ず県連も日系コムニダーデの一員 […]
  • ニッケイ歌壇 (493)=上妻博彦 選2015年7月23日 ニッケイ歌壇 (493)=上妻博彦 選       サント・アンドレー  宮城あきら この年も古本市に通いきて安き良き書を求め楽しむ古りし書の輝く文字懐かしき『啄木全集』買いて帰るも手に取ればたった二ヘアイスの哲学書済まないような握り出しの心地開き見れば南樹の署名滲み古りて時の移りを痛く思いきコロニアの知性ざわ […]