ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年9月21日付け

 診察のために毎月通っている聖市のクリニカス病院は、コラム子にとってブラジル社会を学ぶ教科書のような存在だ。まるで一つの町のように巨大な同病院には、USP教授やインターンなどまさに当国一流のエリート層が医師陣として、勤勉な中産階級が職員として、SUS(国営無料健康保険)を使う庶民層が患者としてひしめいている▼地下階にポルキロ・レストランがあり、とても印象的な作りだ。経営会社は一緒なのに、わざわざ三つに仕切って別々のレストランとして営業する。一番手前にあるのは4レアル定食のみで、とにかく安くて量が多い。中間にはキロ11レアルのポルキロ、最奥にはキロ28レアルのポルキロだ。奥に行くほど食べ物の質は良くなり、面白いことに食後のカフェすら見事に変わる。最安はカフェなしだが、最奥はエスプレッソ機の挽きたてが飲める▼各レストランは壁状の全面ガラスで仕切られており、まるで隣同士のように思えるのに、実はしっかりと区切られている。よく見ると、値段別に見事に客層が異なる。最安のところには庶民、中間には職員風、最奥には医者やインターンが中心に見える。明らかに最安ほど肌の色が濃い人が多いようだ▼単に運営上の問題でそうしたのかもしれないが、うがった見方をすれば、〃階層〃ごとに食事をした方が落ち着く心理があるのかもしれない。そういえば、貧民街パライゾーポリスと高級住宅街モルンビー区は隣り合っているが、しっかりと社会的な壁がある▼これも一種の棲み分け処世術なのかと感じた。人種差別ではない。だが、経済格差という透明な壁で仕切られた社会がそこにはあるようだ。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]