ホーム | コラム | 樹海 | いつ、何があってもよい備え

いつ、何があってもよい備え

 19日午後、友人が亡くなったとの知らせを出先で受け取った。友人が手術後も集中治療室にいると聞き、皆で回復を願った事や独り残された母親の事を思い、目の前が真っ暗になった▼自分より若い人が亡くなった時は特に複雑な気持ちになるが、いつも真摯で明るい女性があっという間に亡くなり、葬儀には大勢の人が参列した。小柄なお母さんがより小さく見えたのは、錯覚ではあるまい。残念なのは、大掛かりな手術になるほど重症化する前に、彼女の病気が発見できなかった事。不注意といえばそれまでだが、人の命の儚さを痛感する出来事に、何も手がつかなくなった知り合いも多かったようだ▼だが、予期せぬ出来事は枚挙に暇がない事は、最近の事件を思い起こしても明らかだ。洪水や火災、橋落下などで、様々な夢を描いていた人々の命が奪われ、大勢の人が家族や財産を失った。自分自身、予想だにしていなかった爆弾を抱えている事がわかり、我が身を持て余してぎみの昨今だが、そんな中、「いつまでも残るのは蓄えたものではなく、与えたもの」との言葉が蘇る。前述の友人の葬儀に多くの人が集ったのも、彼女やその母親が周りの人々に尽くし、与え続けてきた証だろう▼一方、彼女の果たしてきた役割を誰が担うかも気にかかる。日本にいた時、「骨を埋めるつもり」であると同時に、「いつでも引けるよう」にと考えながら仕事をしていた事を思い出す。12歳で母を亡くした身にとって、独り立ちは必須だったのに、子育てや後進育成、身辺整理さえ中途半端なまま、ぬるま湯の中にいる。友人の死を契機に、「その時に備えよ」との叫び声が心中でこだまし始めた。(み)

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 中島宏著『クリスト・レイ』第110話2021年1月20日 中島宏著『クリスト・レイ』第110話 「いいえ、私はそうは思わないわ。マルコスにはそういう経験がないから理解できないかもしれないけど、人がそれまで生まれ育った国を捨てて、あえて私は、捨ててというけど、つまり、それまでの世界をすべて葬り去るというような考えで、新しい世界に挑戦するという覚悟がなければ、到底、このような […]
  • 椎の実学園卒業式=音楽発表会もあわせて2005年11月12日 椎の実学園卒業式=音楽発表会もあわせて 2005年11月12日(土) […]
  • 8月に輸入急増2004年9月3日 8月に輸入急増 9月3日(金) […]
  • 安田マリチマがSOMPOに=4年後までに150%成長目標2016年7月22日 安田マリチマがSOMPOに=4年後までに150%成長目標  安田マリチマ保険が7月1日、「SOMPOセグロス」に社名変更したことを受け、フランシスコ・カイウビー・ヴィヂガル・フィーリョ社長が8日、同社のサポートをする損保ジャパン日本興亜・ド・ブラジルの川部弘明代表取締役とともに本紙を訪れた。 損保ジャパンは2013年、マリチマ社の株式 […]
  • ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す2019年4月5日 ケンスタール=「和牛カルバッチョはいかが?」=生産大手、販路拡大にも乗り出す  「流行最先端は和牛カルパッチョ。それに日本式鉄板焼きも浸透してきている。ジューシーで柔らかい和牛の味を一度知ってしまうと、他の肉を食べられなくなる」――和牛生産大手・ケンスタール社の中矢レナト健二社長は、柔和な笑みを浮かべて和牛の魅力を語る。  ブラジルに和牛農家は […]