ホーム | コラム | 樹海 | いつ、何があってもよい備え

いつ、何があってもよい備え

 19日午後、友人が亡くなったとの知らせを出先で受け取った。友人が手術後も集中治療室にいると聞き、皆で回復を願った事や独り残された母親の事を思い、目の前が真っ暗になった▼自分より若い人が亡くなった時は特に複雑な気持ちになるが、いつも真摯で明るい女性があっという間に亡くなり、葬儀には大勢の人が参列した。小柄なお母さんがより小さく見えたのは、錯覚ではあるまい。残念なのは、大掛かりな手術になるほど重症化する前に、彼女の病気が発見できなかった事。不注意といえばそれまでだが、人の命の儚さを痛感する出来事に、何も手がつかなくなった知り合いも多かったようだ▼だが、予期せぬ出来事は枚挙に暇がない事は、最近の事件を思い起こしても明らかだ。洪水や火災、橋落下などで、様々な夢を描いていた人々の命が奪われ、大勢の人が家族や財産を失った。自分自身、予想だにしていなかった爆弾を抱えている事がわかり、我が身を持て余してぎみの昨今だが、そんな中、「いつまでも残るのは蓄えたものではなく、与えたもの」との言葉が蘇る。前述の友人の葬儀に多くの人が集ったのも、彼女やその母親が周りの人々に尽くし、与え続けてきた証だろう▼一方、彼女の果たしてきた役割を誰が担うかも気にかかる。日本にいた時、「骨を埋めるつもり」であると同時に、「いつでも引けるよう」にと考えながら仕事をしていた事を思い出す。12歳で母を亡くした身にとって、独り立ちは必須だったのに、子育てや後進育成、身辺整理さえ中途半端なまま、ぬるま湯の中にいる。友人の死を契機に、「その時に備えよ」との叫び声が心中でこだまし始めた。(み)

 

 

 

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」2017年5月23日 《ブラジル》JBS社主兄弟の司法取引は罪深い「完全犯罪」  テメル大統領は20日午後3時前、緊急声明で「盗聴者は完全犯罪を行った」との異例の糾弾をした。ここから分かることは「JBSのバチスタ兄弟にはめられた」と大統領が激怒していることだ。ブラジルには「大物役者」がそろっていると思っていたが、今回ばかりは度肝を抜かれた。いくら政 […]
  • 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見2020年1月31日 日本人に対しても変わらないボウソナロの偏見  26日夜のことだった。コラム子は妻から、「これ、あなたが書いたの?」と、彼女が開いたノート・パソコンを指して言われた。読んでみるとそれはフォーリャ紙の記事で「日系の新聞がボウソナロ大統領を批判」と書かれてあった。  「えっ、どれのことだろう」とコラム子も一瞬、自分の […]
  • 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を2020年1月28日 「ファネル」型の日系社会の文化継承戦略を  取材しながら、「日系社会は何を目指しているのか」―そんな疑問を頭に思い浮かべている。  たとえば、リベルダーデ日本広場のイベントで、長崎県人会の青年部があの重たい龍体を振り回して龍踊りを披露しながら玉のような汗を流している姿、レプレーザ文協の皆さんが一糸乱れぬ阿波踊 […]
  • 「文化局長の心構え」とは2020年1月24日 「文化局長の心構え」とは  先週、伯国では連邦政府の文化局長ロベルト・アルヴィム氏の「戦慄」とも言える突然の動画発表で大騒動となった。ナチスの音楽の象徴となったワーグナーのオペラをバックに、悪名高き情報相ヨーゼフ・ゲッベルスの発言をソックリ模倣し、「芸術の国への奉仕」を呼びかけたためだ。  こ […]
  • いつになれば格差はなくなる?2020年1月23日 いつになれば格差はなくなる?  先週来、心を重たくする報道が続いている。一つ目は、15年にブラジル北東部を中心に起きた小頭症児誕生に、ジカ熱に感染した妊婦の栄養状態が大きな影響を与えていたという研究だ。北東部は人間開発指数も低く、妊婦がたんぱく質などをきちんと摂っていなかったために小頭症児誕生率が高くなった […]