ホーム | 日系社会ニュース | 「世界一恵まれた国」=中小企業経済視察団が来伯

「世界一恵まれた国」=中小企業経済視察団が来伯

ニッケイ新聞 2012年9月22日付け

 中堅・中小企業経営者を対象に経営サポートを行う日本経営合理化協会(東京都千代田区、会員約11万社)が主催する、日本全国のオーナー企業経営者からなる経済視察団(高島健一団長・有限会社高島事務所)が20日来伯し、27日までサンパウロ州内を中心に各地を訪れる。
 世界から注目を浴びるブラジルの市場と潜在力などを実際に目にし、幅広くビジネスの可能性を探るもの。製造業などを中心とした9社13人の経営者らが参加し、サクラ醤油、MNプロポリス、エンブラエル、ヴァーレなどの企業、サッカースタジアムやイグアスの滝、ショッピングセンターなどを訪問する。なお、参加した9社は既に進出、あるいは1年以内に進出を予定している企業がある。
 「資源、農業、工業の3本柱が揃った世界一恵まれた国で、親日家も多い」と魅力を強調する熊谷聖一専務理事(60、新潟)は、GDP比6割が個人消費で国民の購買力も高いとして「生産拠点としてだけでなく販売拠点として可能性があるのでは」と期待する。
 参加企業の多くは中小規模ながら、様々な分野で高いシェアを占める優良企業経営者ら。「常にアンテナを張り巡らせている企業経営者にブラジルを実際に見てもらい、先人が移住されたときの気概をもってビジネスに携わる人々の起爆剤になれば」と期待した。
 年に2回の海外視察ツアーを企画しているという団長の高島氏(57、東京)は、「興味があったものの都合がつかず断念した企業も多かった」と、日本国内でのブラジルへの関心の高まりを挙げた上で、「日系人やデカセギなどの存在で身近ではあるが、両国はまだまだ遠い。それをどう縮めるかが今後の課題」と話した。

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 2008年12月30日 ニッケイ新聞編集部が選んだ コロニア10大ニュース ニッケイ新聞 2008年12月30日付け  百周年に明け、百周年に暮れた2008年。日本移民百周年と日伯交流年の今年は、1年を通じて両国で約1500の記念行事が実施されるなど、他の周年事業とは比べ物にならない盛り上がりを見せた。1月の開幕行事から、2月のカーニバルでは各地 […]
  • 2008年6月20日 編集部座談会「ざっくばらんでいこう」=独断と偏見で選ぶ=後世に残したい『コロニア文化遺産』 ニッケイ新聞 2008年6月20日付け  第一回移民船笠戸丸がサントスに到着して百年。ブラジル日系社会(コロニア)は新世紀を迎えた。益々ブラジルへの同化が進んでゆく今だからこそ、何を残すべきかを考えたい。戦前・戦後の移民二十五万人、そしてその子孫らによる一世紀にわたる生活 […]
  • デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も2019年9月27日 デカセギ留守家族集め懇親会=グルメデリカ「皆さんのおかげ」=「こんな会社ない」と涙ぐむ人も  「こんなことをしてくれる会社は、他に聞いたことないね」――「グルメデリカ」(本社=埼玉県所沢市)に派遣されている日系人労働者の留守家族を集めた22回目の南米懇親会が21日夜、サンパウロ市のニッケイパラセ・ホテルで開催され、そんな感想があちこちで聞かれた。グルメデリカ社 […]
  • 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差2019年9月3日 有名日系経営者と日本語で許しを乞う乞食の格差  「セグランサ(治安)の問題があるから、名前と写真は出さないでくれ」――8月28日夜、サンパウロ市のジャパン・ハウス内のレストラン藍染で行われた、TOTOの便座およびウォシュレット製品の発売開始式で、それを専売するFAST […]
  • 2017年1月元旦=新年のご挨拶2017年1月1日 2017年1月元旦=新年のご挨拶 新年に考えること=ブラジル日本都道府県人会連合会会長 山田康夫  謹んで新年のお慶び申し上げます。  旧年中はいろいろとご支援をいただき、心より感謝申し上げます。 […]