ホーム | コラム | 樹海 | コラム 樹海

コラム 樹海

ニッケイ新聞 2012年11月10日付け

 もう20年近くもの昔の話だけれども、サンパウロの近郊で「柏餅」を食べて唯々驚いたものである。あのしん粉を水で練って薄い皮にし、小豆餡を入れ平たく包んだものを柏の葉で包み蒸した餅菓子だが—この懐かしい味をブラジルで口にすることができるとは思っても見なかった。それまでに30年近くも、ここで暮らしていながら、端午の節句に花を添える「柏餅」の味とは遠かった▼いや、今もだがサンパウロの和菓子屋に「柏餅」はない。当方は和菓子が大の好物だし、兎に角 餡子がいい。近頃はブラジル風が強くなったせいか、餡が甘すぎる嫌いはあるけれども、それでも舌は大歓迎で気持ちよく迎えてくれるし、これに—煎茶の淡い渋みとがしっくりと馴染み明鏡止水に近いような境地になれるのだから何とも気持ちがいい▼この貴重な体験をしてからサンパウロに帰り故・橋本梧郎氏に問い合わせたところ、ここにも日本の柏の木があるとのお話だったので—あの子どもの節句の「柏餅」と同じ菓子だと仲間と話し合ったものである。ところが—である。こんな雑談をしていたら同僚の女性編集者が「私、県連の日本祭りで食べましたよ」と話すのでびっくりし「何時頃ですか」と訊ねると「2、3年前かしら」とのことだったが、残念ながら県人会の名は忘れたそうである▼水巴は「柏餅古葉を出づる白さかな」の一句を詠むが、こんな柏餅の昔話は、確か—きょう10日から始まるモジのコクエイラふるさと祭りで求めたものであり、あの柿の里のお母さんらが、額に汗ししん粉練りや蒸し器を見つめのだろうな—と何とも懐かしい。(遯)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • コラム 樹海2012年12月22日 コラム 樹海 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ2012年12月22日 10位=社保協定が発効=保険料の二重負担解消へ ニッケイ新聞 2012年12月22日付け […]
  • 物故者2012年12月22日 物故者 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  コロニアの発展に尽くしてきた方が今年も多くこの世を去った。新聞で訃報記事をお伝えした物故者に限り、追悼の意を表し、掲載します。(敬称略) […]
  • 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で2012年12月22日 8位=JBACに疑義噴出=ビザ発給業務の委託で ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  ビザ発給窓口業務の迅速化・利便性の向上を目的に、在聖総領事館は10年10月に公募を実施。 […]
  • 9位=映画『汚れた心』公開2012年12月22日 9位=映画『汚れた心』公開 ニッケイ新聞 2012年12月22日付け  非日系の作家フェルナンド・モラエス氏が勝ち負け抗争を取材してジャブチ賞を受賞した『CORACOES […]