ホーム | コラム | 樹海 | デング熱やジカ熱流行の危険性は?

デング熱やジカ熱流行の危険性は?

 ブラジル保健省が28日、全国の自治体のネッタイシマカの生息実態調査の結果を発表した▼データが集まった3946市の大半は、10月~11月半ばの調査で、蚊の幼虫(ぼうふら)が見つかった家屋が1%未満だった。だが、1~3・9%台の市は1139、4%以上の市も357あった。今年からはデータ提出が義務付けられ、本来なら全市の数字が出揃っているべきだ。ところが、現時点ではまだ、9州都を含む約1600市が、調査未実施または報告書未提出だという▼それでも、37%の市ではデング熱やジカ熱、チクングニア熱の流行が起こりうるまたは要注意との状態は驚きだ。しかも、ジカ熱が原因とされる小頭症児発生が最も多かった北東部では、流行の危険ありや要注意の市が41%あった。以下、北部40・4%、中西部20・1%、南東部19・32%、南部13・66%と続く▼旱魃が厳しい中西部と北東部では、雨水などをためた桶や樽がぼうふらの主な繁殖地だった。この現象は、サンパウロ市でデング熱患者が多発した年が水危機の年だった事や、貯水槽がない家の多い地域でデング熱患者が多発した事と重なる。南部や北部ではゴミ、南東部では植木鉢などが蚊の幼虫の主な繁殖地だ▼11月11日までに報告されたデング熱感染が疑われる患者の数は昨年同期比83・7%減の23万9076人、チクングニア熱患者は32・1%減の18万4458人、ジカ熱患者は92・1%減の21万4126人だが、患者数減少は気の緩みも招き勝ち。お互いに呼びかけて蚊の発生源撲滅に努めると共に、上下水道整備への行政努力が止まったりしないように、警告し続けていかなくては。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍2019年9月13日 デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍  保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内 […]
  • デング熱=年頭の11週間で23万人=昨年同期の3・5倍超す2019年3月27日 デング熱=年頭の11週間で23万人=昨年同期の3・5倍超す  保健省が25日、3月16日までの11週間に確認されたデング熱患者は22万9064人で、昨年同期の264%増と発表した。  1月1日~3月16日の患者が22万9千人に及んだ事で、患者の発生率は10万人当たり109・9人となった。  また、今年のデング熱による死者は6 […]
  • 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態2019年4月26日 《ブラジル》蚊が媒介する病気に注意=ミナスとリオは流行状態  暦の上では秋のブラジルだが、気温が高く、雨も多いため、蚊が媒介する病気が急増中だ。ここ数日の報道で目立つのは、ミナス・ジェライス州でのデング熱とリオ州でのチクングニア熱だ。  23日付G1サイトなどによると、ミナス州では、第1四半期のデング熱患者(真性患者と擬似症患 […]
  • ネッタイシマカに要注意!=半数の市で病気蔓延の危険2018年12月14日 ネッタイシマカに要注意!=半数の市で病気蔓延の危険  保健省が12日、デング熱やジカ熱、チクングニア熱の流行や蔓延に警戒すべき市が47・5%に上るとの調査結果を発表したと同日付現地紙サイトが報じた。  これらの病気は皆、ネッタイシマカ(Aedes […]
  • 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化2019年2月21日 《ブラジル・アクレ州》州都でデング熱が急増=緊急事態宣言発令で、蚊の繁殖防止活動を強化  1月1日から26日までに、一千件を超すデング熱発症の疑われる症例が発生したブラジル北部アクレ州の州都リオ・ブランコは、180日間を期限とする緊急事態宣言を発令したと、20日付ニュースサイトG1が報じた。  蚊の集団発生は90%が住宅内や空き地で起きている。20日付ア […]