ホーム | コラム | 樹海 | デング熱やジカ熱流行の危険性は?

デング熱やジカ熱流行の危険性は?

 ブラジル保健省が28日、全国の自治体のネッタイシマカの生息実態調査の結果を発表した▼データが集まった3946市の大半は、10月~11月半ばの調査で、蚊の幼虫(ぼうふら)が見つかった家屋が1%未満だった。だが、1~3・9%台の市は1139、4%以上の市も357あった。今年からはデータ提出が義務付けられ、本来なら全市の数字が出揃っているべきだ。ところが、現時点ではまだ、9州都を含む約1600市が、調査未実施または報告書未提出だという▼それでも、37%の市ではデング熱やジカ熱、チクングニア熱の流行が起こりうるまたは要注意との状態は驚きだ。しかも、ジカ熱が原因とされる小頭症児発生が最も多かった北東部では、流行の危険ありや要注意の市が41%あった。以下、北部40・4%、中西部20・1%、南東部19・32%、南部13・66%と続く▼旱魃が厳しい中西部と北東部では、雨水などをためた桶や樽がぼうふらの主な繁殖地だった。この現象は、サンパウロ市でデング熱患者が多発した年が水危機の年だった事や、貯水槽がない家の多い地域でデング熱患者が多発した事と重なる。南部や北部ではゴミ、南東部では植木鉢などが蚊の幼虫の主な繁殖地だ▼11月11日までに報告されたデング熱感染が疑われる患者の数は昨年同期比83・7%減の23万9076人、チクングニア熱患者は32・1%減の18万4458人、ジカ熱患者は92・1%減の21万4126人だが、患者数減少は気の緩みも招き勝ち。お互いに呼びかけて蚊の発生源撲滅に努めると共に、上下水道整備への行政努力が止まったりしないように、警告し続けていかなくては。(み)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡2020年1月23日 《サンパウロ州》20年ぶりに出血熱の犠牲者=ソロカバ市在住の男性が死亡  保健省が20日、サンパウロ州内陸部のソロカバ市に住んでいた男性が出血熱で死亡したと発表した。  同省によると、この男性は、アレナウイルス科のマンマレナウイルスに感染していた事が判明したという。マンマレナウイルスは、ブラジル出血熱の原因とされたサビアウイルスと似ており […]
  • 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ2020年1月10日 《ブラジル》デング熱での死者が増加=過去21年間で2番目の高さ  2019年のブラジルでのデング熱による死者は、1998年の統計開始後の21年間で2番目に多かったと、9日付現地紙が報じている。  保健省の発表によると、2019年は12月7日の時点で754人がデング熱で亡くなったことが確認されている。これは、2015年の986人に次ぐ、2番 […]
  • 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響2020年1月16日 《ブラジル》小頭症とジカ熱の研究進む=妊娠中の母親の栄養状態も影響  ブラジルでジカ熱が流行し始めた2015年以降、ブラジルの研究者達が、妊婦がジカ熱に感染すると小頭症の子供が生まれる可能性が高い事に気づき、世界中がその後の研究に注目し始めた。  ブラジルのリオ連邦大学の研究者と英国のオックスフォード大学の研究者は、10日に発表した論 […]
  • デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍2019年9月13日 デング熱=死者591人、14州で流行=今年の患者は去年の7倍  保健省が11日、8月24日現在のデング熱患者は143万9471人で、昨年同期の7倍(599・5%増)と発表したと11、12日付現地紙、サイトが報じた。  26州と連邦直轄区の内、昨年同期より患者が少ないのはアマパーとアマゾナスの2州だけ。患者が増えた25の自治体の内 […]
  • 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察2019年12月7日 《ブラジル》保健省がジカ熱流行後の4年間を総括=発達障害などは継続して観察  ブラジル保健省が5日、ジカ熱流行を宣言した2015年11月8日以降の総括を行ったと5日付同省サイトなどが報じた。  ブラジルでジカ熱流行が最初に確認されたのはペルナンブコ州で、同州での小頭症児増加が保健省に報告されたのは15年10月22日だ。事態を重く見た保健省は同 […]