ホーム | コラム | 樹海 | 移民110周年に向けた準備をはじめよう

移民110周年に向けた準備をはじめよう

三笠宮同妃殿下ご夫妻がご来伯された1958年のパウリスタ新聞の記事

三笠宮同妃殿下ご夫妻がご来伯された1958年のパウリスタ新聞の記事

 秋篠宮殿下のご来伯日程が正式発表となった。28日に着聖なさるので、ちょうど2週間後だ。11月8日まで12日間も滞在される。その間、聖市、パラナ州4都市、南麻州カンポ・グランデ、パラー州ベレン、首都、リオで日系人らとお会いになる過密な日程だ▼今回も聖州は聖市のみだが、パラナ州は入植百周年ということもあり4都市を訪問される。パラナ州を多く訪問されるようになったのは、皇室に繋がりの深かった上野アントニオ下議の存在が大きい▼次の機会、おそらく2018年の移民110周年にはぜひ聖州地方部にも足を運んでいただけないかと祈念する。皇室初ご来伯だった三笠宮殿下ご夫妻は、リンスやマリリアも訪問された。残念なことに、それ以来57年間、どなたも来られていない▼1939年にはノロエステ線だけで9500家族(5万人)が住んでいた。パウリスタ線、ソロカバナ線もしかり。当時は収奪農業だったから、土地が痩せた後、北パラナや麻州、ゴイヤス州、南部州へと次男や三男が移って行った▼日本移民の大量入植の原点はこの3線沿線であり、ここから全伯に広がって行った。戦前の国粋気運を強く持った家長が大量に入ったがゆえに、戦後の勝ち負け抗争の激震地にもなった。その傷跡を今も残す地域でもある▼110周年はもう3年後だ。今から準備を始めよう。元気のある聖南西や3線の各連合会が中心となって、数万人があつまる皇室歓迎行事を企画し、すぐに招待状を出したらどうか。その行事では会役員だけでなく、優秀な日本語学習者にも挨拶をさせよう。聖州地方部の再活性化への第一歩になるに違いない。(深)

image_print

こちらの記事もどうぞ

  • 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう2017年5月26日 《ブラジル》皇室の理解から移民110周年の準備を始めよう  皇室の歴史や成り立ち、現在の状況などについて、ポ語で説明した本があっただろうか。二、三、四世ら次世代に伝えるべき日本文化を両語で出版するシリーズ本『日本文化』第5巻は、その皇室をテーマにしている。来年7月に移民110周年が県連日本祭り会場で予定されており、皇族がご出席 […]
  • 「眞子さま」という癒し2018年7月25日 「眞子さま」という癒し  「眞子さまのお言葉は僕らに癒しを与えてくれた。ブラジルに暮らしている僕らのことを、日本の人たちは忘れていないんだと思わせてくれた」。21日、県連日本祭りで110周年記念式典が終った直後、なにげなく参加者の声を会場で集めていたとき、小西ジューリオ武雄さん(60、二世)か […]
  • いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事2018年7月17日 いよいよ眞子さまご来伯、一世最後の周年行事  いよいよ、明日18日に眞子さまがリオにご到着になる。19日にはパラナ州に足を運ばれ、21日からはサンパウロ、今週末は県連日本祭り、日本移民110周年式典だ。平均年齢が80歳前後とみられる一世の大半にとっては、10年ごとの大きな周年行事としては今回が「最後」だろう▼祭典 […]
  • 日本移民110周年は目前だ! (連載3)=地方と都市の2頭体制に2016年10月18日 日本移民110周年は目前だ! (連載3)=地方と都市の2頭体制に  振り返れば、終戦直後の勝ち負け抗争において、最も死傷事件が多発したのは、マリリアからオズワルド・クルースに至るパウリスタ沿線だった。軍曹が汚れた軍靴を日の丸でぬぐった目撃談の真偽を糾すために、青年らが立ち上がった「日の丸事件」は1946年1月にツッパンで起きた。これが発端 […]
  • 《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ2017年7月21日 《ブラジル》四世ビザは今後50年を占う重要なテーマ  「四世ビザ」は、今後50年の日系社会、いや日伯関係を左右する最重要なテーマではないか。1990年6月、日本法務省が入国管理法を改正し、二、三世への在留条件を緩和したのに匹敵する衝撃を、日系社会に与えるかもしれない。  とはいえ、それ以前に気になっている四世のビザの問 […]