ホーム | コラム | 樹海 | 22年大統領選のカギを握る男

22年大統領選のカギを握る男

フラヴィオ・ジノ氏(Agencia Brasil)

 米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。

 ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権は昨年はじまったばかりなので、次の選挙のことより、今の政権での結果を期待したいところだ。だが、そんな現在でも、明らかに時期尚早ながらも、22年大統領選に関しての報道が数は少ないが出ており、様々な憶測が飛び交っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 任期一年目が終わる前から、もう選挙気分2019年12月6日 任期一年目が終わる前から、もう選挙気分  まだ大統領就任から1年がたっていない現在、ボウソナロ大統領はもう次回、2022年の選挙に向けて動いている。  その動きの一つが新党「ブラジル同盟(APB)」の結党だ。自分自身がコントロールしやすい党で2期目を狙いたい。そんなところだろう。もともと、政党に腰が座らず、 […]
  • 世界中にさらされ続ける伯国の政変2020年1月17日 世界中にさらされ続ける伯国の政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、伯国政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、伯国の作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けてしまった […]
  • 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉2019年3月22日 「正義主張」で民主主義が脅かされる皮肉  14日に出た判決を巡って、現在、最高裁が批判の矢面に立たされている。それは同裁が、「ラヴァ・ジャット(LJ)作戦のような大型汚職犯罪の場合でも、選挙に使われた隠し口座の裁判は選挙裁判所で行なう」との投票結果を下したからだ。これを「国を揺るがした大型汚職事件に対しての妨 […]
  • パラグアイとブラジル国境の刑務所で75人脱獄=巨大なトンネル見つかる=疑われる刑務所職員の内通=出入国管理を厳重化2020年1月21日 パラグアイとブラジル国境の刑務所で75人脱獄=巨大なトンネル見つかる=疑われる刑務所職員の内通=出入国管理を厳重化  ブラジル中西部のマット・グロッソ・ド・スル州ポンタ・ポラン市で国境を接するパラグアイのペドロ・ファン・カバジェロ市の刑務所で、現地時間19日未明に、サンパウロ州を本拠とするブラジルの大型犯罪組織州都第一コマンド(PCC)の構成員75人が地下トンネルから脱走した。19、 […]
  • 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボウソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様2019年12月27日 《ブラジル》2019年10大ニュース=ボウソナロ大統領一色の1年=大統領の息子たちもしばし話題に=南米そのものが荒れ模様  2019年も「激動のブラジル」の印象は変わらず、多くのニュースで賑わったが、それらの中で本紙が独自に順位をつけた10項目を紹介し、振り返ってみる。  第1位は、「ボウソナロ大統領、世界で有名人に」。就任前から「南米のトランプ」として注目され続けていた大統領は、その数 […]