ホーム | コラム | 樹海 | 22年大統領選のカギを握る男

22年大統領選のカギを握る男

フラヴィオ・ジノ氏(Agencia Brasil)

 米国では今、大統領選の予備選が3日のアイオワ州を皮切りにはじまり、そろそろ本格的な盛り上がりを見せはじめている。とりわけ、野党・民主党にとっては誰がトランプ氏の対抗馬になるのかを決める意味で非常に重要な意味を持つ。

 ブラジルでの大統領選は2022年。ボウソナロ政権は昨年はじまったばかりなので、次の選挙のことより、今の政権での結果を期待したいところだ。だが、そんな現在でも、明らかに時期尚早ながらも、22年大統領選に関しての報道が数は少ないが出ており、様々な憶測が飛び交っている。

※このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。 .
 会員登録はお済みですか? 会員について

こちらの記事もどうぞ

  • 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査2020年5月29日 「新旧右派対決」の様相のフェイクニュース捜査  「ああ、ついに起こってしまったか」。27日、ボウソナロ大統領を熱烈に支持していることで知られる政治家や活動家、企業家を対象にした連警捜査が行われたと聞いたとき、コラム子は即座に思った。  コラム子にとって印象的だったのは、フェイスブックの新聞や雑誌、ニュースサイトの […]
  • 任期一年目が終わる前から、もう選挙気分2019年12月6日 任期一年目が終わる前から、もう選挙気分  まだ大統領就任から1年がたっていない現在、ボウソナロ大統領はもう次回、2022年の選挙に向けて動いている。  その動きの一つが新党「ブラジル同盟(APB)」の結党だ。自分自身がコントロールしやすい党で2期目を狙いたい。そんなところだろう。もともと、政党に腰が座らず、 […]
  • コロナ禍で孤立深めるボウソナロ2020年4月24日 コロナ禍で孤立深めるボウソナロ  「いったいどこへ向かおうとしているのだろう」。新型コロナウイルスに対して、世間一般から遠くかけ離れた反応を示して以来、ボウソナロ大統領の行動がやることなすこと裏目に出ている。  政見放送で「経済優先」を訴えて隔離政策の終焉を唱えれば相手にされず、自分の息子率いるネッ […]
  • 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者2020年5月15日 人数が減って、過激化するボウソナロ支持者  反隔離を叫べど、加速化して増えるコロナウイルスの死者の前に支持が増えず、かつ、セルジオ・モロ前法相辞任の発端となった閣議ビデオ中の大統領発言が問題視されたことで、ボウソナロ大統領の立場はますます危うくなっている。  とりわけモロ氏の政権離脱はボウソナロ氏にとっては痛 […]
  • 世界中にさらされ続けるブラジルの政変2020年1月17日 世界中にさらされ続けるブラジルの政変  13日、世界の映画賞の最高峰、アカデミー賞のノミネート発表が行なわれたが、この日は同時に、ブラジル政界が世界の好奇の目にさらされ続けることになることを決定付けた日にもなった。それはドキュメンタリー部門で、ブラジルの作品「ブラジル 消えゆく民主主義」がノミネートを受けて […]